コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

【美容師が教える】コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

コンディショナーの正しい使い方、効果を引き出すコツ、使用上の注意点について美容師が解説します。




コンディショナーの正しい使い方

コンディショナーは、シャンプーの後に使うのが基本です。

シャンプーをしてからコンディショナーをする流れを想定して解説していきます。

1.つける前に髪の水分をしっかり取る

シャンプー後、濡れた髪を軽くタオルか手で水分をとります。

ビショビショに濡れたのままコンディショナーを付けても、水分で飽和している状態なので効果が半減します。

しっかりとコンディショナーの効果を引き出すには、タオルドライすることをおすすめします。

2.毛先から付ける

コンディショナーは最もダメージしている毛先から付けていきましょう。

ムラなく付けるためにも、適量を数回に分けて付けましょう。

コンディショナーの適正量は、トリートメントと比べて少なめです。沢山の量を付けすぎると、すすぎ残しやすいので注意しましょう。

3.コーミング

均一に付けるために、粗めのコーム(くし)でコーミングします。これが効果を引き出すためにもっとも重要な作業です。

髪を傷つけないように根元から毛先に向かって優しくコーミングしていきます。

4.時間は置かない

コンディショナーは時間をおかず、すぐに流しましょう。

コンディショナーは、髪表面のコンディションを整えコーティングするという目的なので、時間を置かなくても充分効果を発揮します。

5.しっかりすすぐ

すすぎは入念にしましょう。

頭皮や髪がぬるっとしないくらい、シャワーを頭皮に当てながらしっかりと洗いましょう。



使用時の注意点

頭皮に付けない

コンディショナーは頭皮や肌に付着すると毛穴をふさいでしまうため、頭皮のトラブルを引き起こす原因となることもあります。

もし根元につけてしまった時は、しっかりとすすぐようにしてください。

すすぎ残し

少しぬるっとコンディショナーが髪に残っている状態にする人がいますが、これはおすすめしません。

コンディショナーが髪や頭皮に残ることで、頭皮トラブルになることがあります。

そして、洗い流さないトリートメントの効果も発揮しにくくなります。

髪と頭皮をしっかりとすすぎ、ぬるぬる感が残らないようにしましょう。

トリートメントと併用しない

コンディショナーは、髪表面を油分でコーティングするため、トリートメントを付けても効果を十分に発揮できません。

  1. シャンプー→トリートメント
  2. シャンプー→コンディショナー

のどちらかにしましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

ゼロからのヘアケア講座では、どの本や雑誌よりも分かりやすく髪を美しくするための知識を解説していきます。初心者が知っておきたい基礎的なことや、美容師しか知らない豆知識も紹介していきます。

ゼロからのヘアケア講座

関連する記事