湯シャンの正しいやり方

【美容師が解説】湯シャンの正しいやり方

湯シャンの正しいやり方について解説します。



湯シャンと一緒に実践したい3つのこと

湯シャンを始める前に、湯シャンと共に実践するといい3つの事を紹介します。

食生活の見直し

毎日、油もの中心の食生活だと皮脂分泌が多くなります。

シャンプーを使わない湯シャンを実践するのであれば、油ものを控えて野菜中心の食生活に切り替えるのをおすすめします。

急に実践するのは難易度が高いので、少しずつ変えていくようにしましょう。

ブラッシング

入浴前にブラッシングすることで、髪の絡まり、ホコリなどの汚れを落とすことができます。

シャンプーを使わずに髪と頭皮を綺麗にする上で、ブラッシングはとても大切です。

その他にも頭皮の血行促進、髪にツヤが出るなど嬉しい効果がたくさんあります。

入浴前のブラッシングには、パドルブラシがおすすめですよ。

スタイリング剤は使わない

スタイリング剤を使うと、湯シャンだけでは落としきれない事があります。

落としきれなかったスタイリング剤は、頭皮や髪についたまま酸化し劣化して、後に頭皮トラブルなどを引き起こす可能性があります。

できる限りスタイリング剤は使わないようにする。もし使う場合は、その時に限りシャンプーをするようにしてください。

正しい湯シャンのやり方

ウェットヘア イメージ

1.ブラッシング

洗髪前に、ヘアブラシで丁寧に髪をとかしましょう。

ブラッシングをすることで、湯シャンだけで取り除くのが難しい髪の毛のホコリやゴミを取ることができます。

髪のほつれや絡まりなどもここで、とかしておきましょう。

ブラッシングは毛先から

ブラッシングする時、いきなり根元から毛先に向かって一気にとかすと枝毛や切れ毛の原因になります。

必ず毛先からとかしてください。

優しくブラッシングする

オールバックに溶かしながら、適度に頭皮に当たるようにとかします。

この時の強さは、「心地よい」と感じる程度に優しくブラッシングしましょう。

強すぎる刺激はかえって頭皮ダメージを加速させます。

キューティクルの流れに沿って行いましょう。

キューティクルの保護のためにブラッシングするときには、髪の毛の流れに沿って根元から毛先に向かって行いましょう。

逆毛を立てるような方向にブラッシングすると、枝毛や切れ毛の原因となります。

詳しいブラッシング方法については、こちらの記事をご覧ください。

2.お湯の温度は38度以下のぬるま湯で

温度が高いと汚れは落ちやすいが、頭皮を乾燥させてしまうので注意しましょう。

ぬるま湯(38℃以下)がおすすめです。

最低でも5分くらいはジャブジャブと洗いましょう。

洗うときのコツ

シャワーヘッドを地肌につけながら、反対の手で優しく指の腹を使って、爪を立てないように洗うのがコツ。

3.タオルドライ&ドライ

やさしく髪をタオルで包み込み、水分を吸収させるようにタオルドライをします。

自然乾燥は、絶対ダメです。髪が湿ったままでは菌が繁殖しやすくなったり、傷みやすくなります。

ドライヤーは温風と冷風を交互に当てながら、根元から毛先の順に乾かしましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  2. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  3. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  4. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  5. 丸顔さんにおすすめ「ショート」髪型・ヘアカタログ25選

    丸顔さんにおすすめのショートヘアスタイル・髪型25選

    2019.05.26

  1. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  2. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  3. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  4. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク