髪に化粧水をつけても効果がない3つの理由

髪に化粧水をつけても効果がない3つの理由

髪に化粧水をつけるとどうなるのでしょうか?

使わなくなった化粧水を髪につけても良いの?化粧水を付けたらどーなるの?

そんな疑問についてお答えしていこうと思います。




髪に化粧水をつけても効果がない3つの理由

1.化粧水では、髪を保湿できても水分を維持できない。

化粧水の主な成分は、『水』です。そのほかには、グリセリン、BG、植物エキス、エタノールなどを配合しています。化粧水によっては、コラーゲンや、アミノ酸などの保湿成分も配合されています。

成分のほとんどは『水』なので、化粧水を髪につけても髪はすぐに乾燥します

スキンケアでも、化粧水を付けた後に乳液のようにコーティングするものを付けないと乾燥しますよね。

乾燥するのであれば、化粧水を髪につけることはヘアケアとしては逆効果です。

ヘアケアミストなども販売されているので、そのように使えるのではないかと思われる方も少なくないと思いますが、

ヘアケアミストと化粧水の成分は異なるので

ヘアケア専用のミスト使用するか、洗い流さないトリートメントを使用した方が、ヘアケア効果が期待できるでしょう。

ヘアケア専用のトリートメントミスト、洗い流さないトリートメントは化粧水に比べて油分が多いので、付けた後にも乾燥しにくいんです。

2.髪がベタベタ、カピカピになることも

化粧水は、肌を保湿することを目的として成分調合されているので、髪の保湿には向きません。

むしろ化粧水に含まれる保湿を目的に配合されている成分が、髪をベタベタ、カピカピにする事もあります。

3.髪が濡れる事で、ヘアカラーの色落ち、ダメージの原因になる事も

化粧水を付けることで髪は濡れます。

濡れた髪は、ヘアカラーの色落ち、ダメージする原因となる事もあります。

濡れた髪の水分にヘアカラーの色素が流出することで、ヘアカラーの色落ちにつながります。

濡れた髪は、膨潤し外部からの刺激に弱くなります。髪が濡れている状態は、髪にとってあまり良くないんです。

まとめ

まとめると

  1. 化粧水は髪を乾燥させる。
  2. 髪をベタベタ、カピカピする事もあります。
  3. 髪を濡らす事でヘアカラーの色落ち、ダメージの原因にも。

髪にはヘアケア専用のアイテムを使いましょう。

もし、化粧水が余ってしまい他の利用方法がないか検討されている方は、お風呂に入れると良いんじゃないかなと思います。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

ゼロからのヘアケア講座では、どの本や雑誌よりも分かりやすく髪を美しくするための知識を解説していきます。初心者が知っておきたい基礎的なことや、美容師しか知らない豆知識も紹介していきます。

ゼロからのヘアケア講座

関連する記事

  1. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  2. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  3. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  4. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  5. 丸顔さんにおすすめ「ショート」髪型・ヘアカタログ25選

    丸顔さんにおすすめのショートヘアスタイル・髪型25選

    2019.05.26

  1. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  2. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  3. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  4. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

スポンサーリンク