湯シャンでフケが改善される理由:湯シャンの正しいやり方

【美容師が解説】湯シャンでフケが改善される理由3つ

湯シャンをしてもフケは出る理由について解説します。




湯シャンでフケが改善される理由

必要な皮脂を残すことでバリア機能を維持

シャンプーには、脱脂力がある界面活性剤が含まれていて、本来必要である皮脂まで洗い流してしまいます。

必要な皮脂とは、頭皮を外部刺激や乾燥から守るバリア機能を持ちます。

そして、フケの原因は乾燥によるものがほとんどで、シャンプーの脱脂によって引き起こされるのです。

湯シャンをすることで、必要な皮脂がバリア機能を維持することができ、乾燥によるフケも改善されやすくなります。

湯シャンは刺激が少ない

シャンプーには、界面活性剤の他にも防腐剤、香料、着色料、保存料など頭皮に刺激となる成分を含みます。

刺激となる成分が配合されたシャンプーを使わないというだけで、フケが改善されやすくなるのです。

湯シャンの正しいやり方

湯シャンのやり方について解説します。

1.入浴前にブラッシングする

湯シャン前には、必ずブラッシングをしましょう。

ブラッシングのコツ
  • パドルブラシを使う
  • 毛先からとかす
  • 毛流れに沿ってとかす
  • 頭皮にも軽く当てて血行促進

ブラッシングで髪のホコリ、汚れ、フケなどをとります。

軽く頭皮に当てると血行促進効果もあり、フケ、抜け毛などを気にされている方におすすめ。頭皮に当てることのできるブラシがパドルブラシです。

2.ぬるま湯(38度)

ぬるま湯(38度)ですすぎます。

温度が高いと、頭皮が乾燥しフケがでる原因になることも。

ぬるま湯ですすぐようにしてください。

3.しっかりと時間をかけてすすぐ

シャンプーを使わないので、しっかりと時間をかけてすすぎましょう。

湯シャンが不十分だと臭いが出ることもあります。

最低でも5分くらいはシャワーヘッドを頭皮につけながら、指の腹で頭皮全体を万遍なくかきます。

4.湯シャン後はすぐに乾かす

湯シャン後に自然乾燥しないようにしてください。

頭皮は自然乾燥しにくく、水気が残っていると雑菌が繁殖することもあります。

そのまま枕カバーなどに頭をつけることがないように。

これらのポイントに気をつけて、フケ改善湯シャンに取り組んでみてください。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 【プロが教える】正しい洗顔方法:上手な洗顔のポイント

    正しい洗顔方法:洗顔のやり方ポイント5つ

  2. 理想の洗顔時間は1分

    理想の洗顔時間は1分:美肌洗顔のポイント3つ

  3. 美肌になるための食品と栄養素:肌トラブルを招く食べ物

    美肌効果の高い食べ物と必要な栄養素について

  4. おすすめボディオイル8選

    【プロが選ぶ】ボディオイルのおすすめ人気ランキング9選

  5. 【美容師が解説】美容室のランク「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイリスト」の違いについて

    美容室の「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイ…

  6. 薬局で買えるベストセラー「スキンケアコスメ」7選

    【薬局で買える】おすすめのベストセラーコスメ人気ランキング7選

  7. 【美容師が教える】コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

    コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

  8. ストレスによる肌荒れを改善する5つのコツ

    ストレスによる肌荒れを改善するポイント5つ

  9. 入浴剤のおすすめ人気ランキング20選

    市販の入浴剤おすすめ人気ランキング20選

  10. おすすめのボディクリーム:部門別ランキング9選

    おすすめのボディクリーム:部門別ランキング10選〜いい香りのもの…

  1. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

  2. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

  3. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

  4. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

  5. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

スポンサーリンク