湯シャンとは?シャンプーを使わない洗髪方法

湯シャンとは?シャンプーを使わない洗髪方法

湯シャンについて解説します。




湯シャンとは

湯シャンとは、シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗うことを言います。

湯シャンが注目されているのは、シャンプーに含まれる界面活性剤による、肌トラブルや頭皮トラブルが起こりにくことや、洗剤を使わないことでの環境にも優しいという点です。

シャンプーには、界面活性剤以外にも保存料や香料、着色料、保存料など肌への刺激となる成分が含まれています。毎日のシャンプーで頭皮や髪だけでなく顔や体にまで影響を及ぼします。

スキンケアにおいて洗顔料を使わないという人がいますが、目的や効果をそれと同じです。

湯シャンは洗剤を使わないので、頭皮の乾燥を引き起こさないというのも大きなメリットです。乾燥肌、敏感肌の人にはおすすめです。

湯シャンを取り組む前に大切なポイントをお伝えします。

それは、湯シャンは手間がかかるということ。シャンプーを使う方が生活は簡単で楽です。

シャンプーをしないんだから、湯シャンの方が簡単じゃんと思うかもしれませんが、それは大きな誤解。

そんな湯シャンについての解説をしていきたいと思います。

湯シャンの効果

ロングヘア 女性
湯シャンの効果は、頭皮環境の改善や時間やお金の節約、環境にも優しいということです。もちろんデメリットもあり、スタイリング剤を落としきれないということや、シャンプーでのすっきり感というのが楽しめないということ。

湯シャンのメリット
  • 頭皮、髪質改善が期待できる。
  • 髪に自然なツヤが戻る
  • 節約
  • 時間短縮
  • 環境に優しい
湯シャンのデメリット
  • シャンプー中の香りや、リラックス効果を楽しめない
  • オイル、ワックスなどのスタイリング剤を使えない
  • 頭皮の臭い、フケ、かゆみが出ることもある

湯シャンがおすすめな人

湯シャンがおすすめな人とそうでない人がいます。

おすすめする人の特徴
  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • スタイリング剤を使わない
  • マメな人

湯シャンをおすすめしない人

湯シャンをおすすめしない人の特徴を紹介します。

おすすめしない人の特徴
  • 脂性肌
  • 肉中心の食生活
  • スタイリング剤を使う人
  • 面倒な事が嫌い人

湯シャンは面倒

湯シャンは面倒です。

シャンプーを使う方が手っ取り早くスッキリする、頭皮がベタつく事がない、香りも楽しめる。ラクなんです。

湯シャンは洗剤を使わない分、じっくりと時間をかけて洗う必要がありますし、お湯だけで落としきれないゴミはブラッシングをして落とさなければなりません。

洗い上がりもスッキリした感覚はシャンプーの方があります。

湯シャンをし始めると匂いが出ることもあります。

このようなこと付き合いながら、湯シャンは手間をかけて頭を洗う必要があるんです。

湯シャン生活を成功させるコツ5つ

湯シャン生活を成功させるコツを紹介します。

1.食生活を改善する

食生活を改善する。

摂取する油の質、肉中心の食事が多いと皮脂の分泌が多くなります。

スナック菓子や揚げ物が好きという方は、控えるようにしましょう。

湯シャンの場合、皮脂分泌が多いと匂いの発生の元となります。

2.スタイリング剤を使わない

スタイリング剤に含まれるオイルは、シャンプーを使わないと落とせないです。

最近では天然由来のヘアオイルやシアバターなどが販売されています。しかし、保存料などが配合されていたりするので、そのような成分が頭皮に残ったままになると、頭皮のトラブルの原因となることも。

スタイリング剤を使わないという人の方が少ないと思いますが、湯シャンをするならスタイリング剤は使わないようにしましょう。

3.入浴前にブラッシングする

入浴前に、髪の絡まり、髪についたホコリやゴミを落とすためにブラッシングするようにしましょう。

ブラシはパドルブラシを使いましょう。

ブラシのピンが頭皮についても痛くない丸いピンがついていて、水洗いができたりと衛生的にもおすすめ。

こちらを参考にブラッシングをして汚れを充分に落とします。ブラッシングには血行促進効果もあるので、抜け毛がきになるかたや育毛に関心がある方にもおすすめです。

4.お湯の温度はぬるま湯(38度)

お湯の温度は、ぬるま湯(38度)がおすすめです。

熱すぎるお湯だと、頭皮や髪が乾燥する事があります。ぬるま湯で流すことで湯シャンのメリットを最大限に享受する事ができます。

5.時間をかけてじっくりと洗う

シャンプーを使わないぶん、湯シャンは時間をかけてじっくりと洗う必要があります。

髪の長さや量によって時間は変わりますが、最低でも5分程時間をかけて洗うようにしてください。

シャワーを頭皮に当てながら、水圧と手のかきを合わせて洗いましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品(トライアル)を使ってみた:成分&値段を紹介

    【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品の魅力を解説:成分・値段…

    2019.06.24

  2. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  3. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  4. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  5. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  1. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  2. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  3. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  4. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク