【美容師が教える】美容室の上手な探し方:選び方を解説

スマホを見ている女性

美容室を変える予定のある方は、これから紹介する美容室の上手な探し方、選び方を参考にしてみてください。

現役の美容師が解説します。



美容室の上手に検索する方法

美容室を変える時、まずは美容室の情報を集めることから始めます。

主な検索方法の紹介

  • 美容室検索サイト
  • Googleでキーワード検索
  • SNS
  • ヘアカタログ雑誌
  • 知人の紹介
  • 街での広告・看板

美容室検索サイト

スクリーンショット ホットペッパービューティー
(出典:ホットペッパービューティー)

美容室の詳細な情報がまとまっていて、美容室・ヘアスタイルを検索する機能が使えます。
代表的なサイトでホットペッパービューティー楽天ビューティーがあります。

できること
  • 美容室の検索
  • ヘアスタイルの検索
  • 口コミ
  • クーポン
  • ポイント
  • 予約

すごく便利な美容室検索サイトですが、デメリットもあります。それは、掲載店舗数が多すぎて絞り込む事が難しい事です。

条件付きで検索するのに、使うと便利です。
今すぐ行ける美容室を探したり、低価格やクーポンを使いたい人にオススメです。

Googleでキーワード検索

google 検索
2018年現在「美容室」や「ヘアスタイル」をキーワードに入れて検索すると、上位にくるサイトは美容室検索サイトになります。行きたい美容室が絞り込めた状態で、より情報を得たい時に使うと良いです。

SNSで検索

SNS アイコン
質が良くてトレンド性の高い情報を集めるにはSNSが一番役立ちます。
美容室を検索するというより、お気に入りのヘアスタイルを見つける事ができます。
お気に入りのヘアスタイルから、美容師を見つけるという流れになると思います。

ファッションやビューティー系の写真イメージはInstagramやPinterest。テキストベースの情報は、Twitterやブログと使い分けるのがポイントです。

Instagram

Instagram アイコン
おすすめな使い方は、
①お気に入りのモデル・有名人をフォローします。
②検索ボタンを押すと表示されるおすすめ投稿に、好きなヘアスタイルが登場するので、そこからお気に入りのヘアスタイルを見つける。
③気になるスタイリストをフォローし、Googleで「気になるスタイリスト名」を検索し情報収集する。
ハッシュタグ検索もできるので、好きなワードを入れて検索してみよう。

Pinterest

Pinterest アイコン
ヘアスタイルを簡単に見つける事ができるSNSなので、ヘアスタイルからお気に入りの美容室・美容師を見つけるのに使えます。
おすすめな使い方は
会員登録時のお気に入りの「ヘアスタイル」「好きなレングス」を入力するだけで簡単に見つける事ができます。

雑誌から見つける

お気に入りのファッション誌のヘアスタイル特集や、ヘアカタログ雑誌に掲載されている美容室を参考にできます。掲載している美容室は、雑誌編集部が厳選しているので参考になると思います。しかし、掲載しているのは東京の美容室のことが多いので、関東の方以外は参考にならないかもしれません。

知人の紹介

知人の紹介はとても信頼性が高く、参考にすべき情報です。素敵な髪型の友人やセンス良い友人に、通っている美容室はどこか積極的に聞いてみるのをおすすめします。

オススメの検索方法

  1. Instagram、Pinterestでお気に入りのヘアスタイルを見つける。
  2. 気になる美容室をGoogleで検索する
  3. 美容室検索サイトに掲載されていたら、美容室の詳細な情報(営業時間や料金など)を確認し予約する。



美容室の選び方

パソコンで検索している女性
自分にあう美容室を選ぶオススメの方法を紹介します。

サロンの特徴を知る

今までこんな失敗はありませんか?
「スタイリストにカラーを塗ってもらいたかった。」
「カウンセリングに時間をかけて欲しかった。」
「逆にスタイリストがずっとつきっきりで気を使ってしまい疲れる。」
サロンの特徴を知る事で、こんなはずじゃなかったという失敗を防ぐ事ができますよ。

規模ことの特徴

美容室は規模ごとに、スタッフの働き方や提供されるサービスも異なります。
それぞれにメリットデメリットがあるので、正解はありません。あくまでも、自分の好みを知ったうえで、どのタイプが良いのかを選択する事が大切です。

大規模美容室

スタッフ数が15人以上働いていて、スタイリストとアシスタントと受付がそれぞれいます。

セット面やシャンプー台の数も多く、死角が生まれるので常に見られているという疲れはない分、気がついてもらいにくいというデメリットもあります。
サービスの特徴は、1人のスタイリストが何人かのお客様を同時担当していることが多いということ。
スタイリストは、カットや最後のスタイリングを担当します。アシスタントがカラーやパーマ、シャンプーマンがシャンプーするという感じで分担しています。
1人のスタイリストとずっと同じ時間を過ごすのが苦手な方におすすめです。

中規模美容室

今もっとも増えている中規模の美容室。
4〜10名程のスタッフ数で、スタイリストがカットやカラーなどのだいたいの施術を行います。シャンプーはアシスタントがする場合があると思います。スタイリストとお客様の距離は、大規模な美容室と比べると近くなると思うので、カウンセリングに時間を使って欲しい人におすすめです。

小規模規模美容室

オーナーが1人でしている美容室から、1店舗のスタッフ数が2〜3名の美容師です。
基本的にマンツーマンで施術してもらえるので、髪の悩みなどしっかりと聞いてもらえるでしょう。店舗の広さ的にも、全てのお客様に目が届きやすいです。アットホームな雰囲気や、マンツーマンが良いという人におすすめ。

タイプ別

美容室をタイプ別に解説していきます。

ブランドサロン

ブランドサロンは、トレンドを重視したヘアデザインを強みにしています。
常にヘアスタイルの勉強会をし、撮影やヘアショーなどの機会を多く持つ事により、必然的に美容室でつくられるヘアスタイルの完成度は高い。
美容業界でも注目されている美容室の多くはブランドサロンになります。

大手チェーン美容室

多店舗展開している美容室はたくさんあります。大型店舗が多いので、スタイリストとアシスタント、シャンプーする人がいて、受付がいるという形態だと思います。

低価格美容室

低価格の美容室です。
安さを重視するならおすすめ。こちらも多店舗展開している美容室がほとんどです。

フリーランスが集まった美容室

所属していない美容師さんが、時間貸しなどで利用している美容室です。マンツーマン対応がほとんどです。

優先順位を知ろう

自分が求めている美容サービスに優先順位をつけましょう。
優先順位をつける事で、どのタイプの美容室を選べば良いかを判断することができます。

美容室でのサービス
  • ヘアスタイル仕上がり
  • 接客
  • 空間
  • 立地
  • 料金
  • 他サービス内容(ドリンクなど)

おすすめの選び方

自分の求めている規模の美容室+求めているサービスに特化した美容室を選びましょう。

例1)一人のスタッフと話し続けるのが苦手、求めるものはヘアスタイル。通いやすい立地も大切。
という方は、中規模の美容室で通いやすい立地にあるブランドサロンを探します。探し方は、Instagramを使い美容師を探します。

例2)なるべく安い料金で、一人のスタッフに全て担当してもらいたい
という方は、小規模でクーポンを使える美容室を検索サイトで見つけるという方法

まとめ

探し方

  • SNSで情報収集
  • 検索サイトで比較検討し予約する

選び方

  • 美容室の規模別の特徴を知り、失敗を回避する
  • 自分の求めているサービスの優先順位を理解し、特化した美容室を選ぶ

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 【茶クマ・黒クマ・青クマにおすすめ】アイクリーム人気ランキング10選

    【茶クマ・黒クマ・青クマにおすすめ】アイクリーム人気ランキング1…

    2019.09.21

  2. 目元のたるみにおすすめのアイクリーム人気ランキング10選

    目元のたるみにおすすめのアイクリーム人気ランキング10選

    2019.09.21

  3. Top 10 recommended eye creams

    アイクリームおすすめ人気ランキング10選

    2019.09.21

  4. 10 eye cream popularity rankings recommended for sensitive skin

    敏感肌におすすめアイクリーム人気ランキング10選

    2019.09.21

  5. 10 eye cream popularity rankings recommended for wrinkles on the eyes

    目元のシワにおすすめのアイクリーム人気ランキング10選

    2019.09.17

  1. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  2. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  3. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  4. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

スポンサーリンク