シャンプーの髪と頭皮に悪い成分5つ:良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

【美容師が解説】シャンプーの髪と頭皮に悪い成分5つ:良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

シャンプーの髪と頭皮に悪い成分を紹介します。

シャンプーの髪と頭皮に悪い成分5つ

シャンプーにおける、髪と頭皮に良くない成分の代表的なものを5つ紹介します。

1.石油系合成界面活性剤

高級アルコール系シャンプーと呼ばれる、石油系合成界面活性剤が使われたシャンプーは、非常に洗浄力・脱脂力が強く、頭皮への刺激が強い特徴を持ちます。

洗い上がりの頭皮や髪は乾燥しやすく、皮膚に残りやすく、毛根などに悪影響をおよぼすこともあります。

特に乾燥肌、敏感肌の人にはおすすめできません。

代表成分

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA

洗浄力が強いということは、ヘアカラーの色持ちも悪くなりますし、パーマでのダメージが促進し乾燥を引き起こす事も。

フケ・かゆみなどの頭皮トラブルや、抜け毛に悩んでいる人は使わないようにしましょう。

おすすめはアミノ酸系シャンプー

おすすめはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系の界面活性剤を配合しているシャンプーで、人間の肌と同じ弱酸性です。

洗浄力は優しく必要な皮脂は残し、保湿力も高い、髪にも頭皮にも優しいシャンプーです。

代表成分

  • グルタミン酸
  • グリシン
  • サルコシン
  • ココイル
  • ベタイン
  • メチルタウリン
  • メチルアラニン

保湿力の高いベタイン系(コカミドプロビルベタイン、 ラウロイルプロビルスベタイン、 ココアンホ酢酸など)が配合されたシャンプーが特におすすめです。

2.シリコン

ノンシリコンシャンプーがブームとなり、シリコンを知っているという方は少なくないはず。

シリコンが配合されているシャンプーを使う事で、毛穴を詰まらせてしまうことがあるので、あまり良くないとされています。

毛穴が詰まる事で頭皮トラブルや、新しく生えてくる新生毛に悪影響となる事があります。

しかし、シリコンが入っていなくても他にコーティングするものが配合されていれば同じ事です。

どのような成分が配合されているのか確認してから選ぶ必要があります。

3.合成香料・合成着色料

合成香料・合成着色料が配合されていないものを選ぶようにしましょう。

人工的な成分を添加しているため、頭皮や肌への刺激となります。

シャンプー剤を出した時にクリーミーな白い色は着色料です。

香料でも、天然由来の精油などから作られるものが配合されているようなシャンプーをおすすめします。

4.パラベン

防腐剤であるパラベンなども刺激となりやすく、頭皮にフケ・かゆみがある方は使わない方がいいでしょう。

無添加シャンプーなど近年では多く販売されていて、そのようなシャンプーには含まれていなかったりします。

しかし、そのような無添加シャンプーには防腐剤が入っていない分、長期間もたなかったりするので注意が必要です。

5.アルコール

アルコールも頭皮に刺激となるので、あまり良くない成分です。

シャンプーに含まれていないほうがいいでしょう。

シャンプーは頭皮だけでなく、必然的に顔についたり体についたりします。

そのような刺激となる成分が配合されているシャンプーを使う事で、顔に発疹ができたり、前髪がかかるおでこが荒れたりする事もあるので注意しましょう。

良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

成分表を確認し、洗浄成分が優しめのアミノ酸シャンプーのシャンプーを選ぶようにし、その上で毛髪補修成分がどの程度配合されているかで判断するようにしましょう。

  1. 洗浄成分をチェック
  2. わからない成分はインターネットで検索する
  3. 毛髪補修成分を確認
  4. 香り
  5. 価格

これらの項目をチェックし、良いシャンプーを見つけてくださいね。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事