「良いシャンプー」と「悪いシャンプー」を成分で見分ける方法

「良いシャンプー」と「悪いシャンプー」の見分け方

良いシャンプーを使い続ける事で、頭皮や髪に様々な良い効果があります。

しかし、シャンプーの良し悪しの判断を自分の感覚(手触り。まとまり感、つや)でしかしていないのが現状だと思います。

もちろん、感覚で判断することも大切なんですが、シャンプーについての少しの知識を持っているだけで、良いシャンプーを選ぶことができるようになります。

今回は、良いシャンプーと悪いシャンプーの見分ける方法について美容師が解説していきます。



良いシャンプーとは?

沢山のシャンプー
この記事で紹介する良いシャンプーとは、頭皮や髪を健康に保つことのできる、優しい洗浄力のシャンプーのことです。

特に、天然由来の毛髪補修成分保湿力の高い成分が含まれているシャンプーを高く評価しています。

逆に、洗浄力が強く頭皮や髪に刺激となるような成分が含まれているシャンプーを悪いシャンプーと判断しています。

洗浄成分

シャンプーは、洗浄成分の種類によって分類することができ、低刺激で頭皮や髪に優しい洗浄成分で保湿力の高いシャンプー、それがアミノ酸シャンプーです。

そんな良いシャンプー(アミノ酸シャンプー)に含まれる洗浄成分について解説していきます。

シャンプーを購入する際に、成分表をチェックしてこれから紹介する成分が含まれているものを選ぶと良いですよ。

ココイル系

ココイルとは、ヤシ油から抽出した脂肪酸という意味です。髪や頭皮にやさしい半面、洗浄力や泡立ちは弱めの洗浄成分です。

  • ココイル加水分解コラーゲンK
  • ココイル加水分解コラーゲンNa
  • ココイル加水分解コラーゲンTEA
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルタウリンK
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンTEA
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸2Na
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルサルコシンNa
  • ココイルサルコシンTEA
  • ココイルサルコシンK

メチルアラニン系

高い洗浄力と頭皮への優しさを兼ね備えた洗浄成分で、優秀な反面コストが高い。特におすすめ成分がラウロイルメチルアラニンNaです。

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンTEA
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンTEA

メチルタウリン系

  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンK

ベタイン系

ベタイン系のシャンプーは洗浄成分も優しく、毛髪補修にも効果があります。
保湿力も高いので、頭皮や髪が乾燥しやすい人におすすめです。

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウロイルプロビルスベタイン
  • ココアンホ酢酸

グルタミン酸系

グルタミン酸系は、頭皮や髪に優しい洗浄成分で刺激も少ない成分です。保湿力が高く、カラーやパーマの持ちが良く、ダメージヘアにも適しています。

グルタミン酸系の洗浄成分(界面活性剤)には以下のようなものがあります。

  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン2Na
  • ラウロイルグルタミンTEA

サルコシン系

サルコシン系は、刺激が少なく、頭皮や髪に優しい成分です。グルタミン酸系より洗浄力や泡立ちは良く、適度な洗浄力と静菌性があります。ダメージヘアにもおすすめです。

  • ココイルサルコシンK
  • ラウロイルサルコシンNa
  • ココイルサルコシンTEA

シャンプーに含まれる成分は、成分表に全て記載されています。

界面活性剤はシャンプー選びにとても重要なので、このページをスクリーンショットを保存しておいて、シャンプーを購入する前にどんな成分なのかチェックできるようにしておいてください。

ちなみに。成分表は多く含有されているものから順に記載されています。

シリコン・ノンシリコン

ノンシリコンシャンプーがブームのだったので、シリコンというワードを聞いたことがある人も少なくないはず。

ノンシリコンシャンプーがおすすめではあるのですが、それと合わせて、シリコンに変わる保湿成分が配合されているシャンプーを必ず選ぶようにしてください。

例えば、天然由来の植物オイル、植物エキスなどが含まれているものは、しっとりまとまるのでおすすめです。

使用感

使用感は泡立ちの良さ泡ぎれの良さきしまずに洗い流せるという3点が大切です。

どのシャンプーメーカーもこの点を考えてシャンプー開発をしています。

実際に使ってみないと使用感はわからないのが難点です。

仕上がり

仕上がりは、まとまりの良さ補修効果保湿効果が大切なポイントです。

仕上がりの判断は数回使用してみて、使用以前と比べてどうなのか?で判断しましょう。

特に、天然由来の保湿成分配合や、植物エキスを配合しているものは、仕上がりに大きく影響します。

高価になりますが、このような成分を配合しているものを選ぶことをおすすめします。

香り

香りもシャンプー選びにはとても重要です。

香料の香りと、天然エキス配合の香りとでは大きく異なります。

香り成分にこだわっているものは、高価になりやすい。

まとめ・良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

成分表を確認し、洗浄成分が優しめのアミノ酸シャンプーのシャンプーを選ぶようにし、その上で毛髪補修成分がどの程度配合されているかで判断するようにしましょう。

  1. 洗浄成分をチェック
  2. わからない成分はインターネットで検索する
  3. 毛髪補修成分を確認
  4. 香り
  5. 価格

これらの項目をチェックし、良いシャンプーを見つけてくださいね。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

知っておくと役に立つシャンプーの使い方や選び方豆知識、おすすめのシャンプーランキングなどの記事をまとめています。

シャンプー記事一覧

関連する記事

  1. 【美容師が解説】シャンプーの髪と頭皮に悪い成分5つ:良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

    シャンプーの髪と頭皮に悪い成分5つ:良いシャンプーと悪いシャンプーの見分け方

  2. 【ナプラ】N. エヌドット シアシャンプーの成分解析

    N. (エヌドット) シアシャンプーの成分解析&レビュー

  3. 【美容師が選ぶ】女性におすすめ抜け毛対策シャンプー人気ランキング

    女性向け抜け毛対策シャンプーのおすすめ人気ランキング10選

  4. 【美容師が解説】シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由3つ

    シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由3つ

  5. シャンプートリートメント

    シャンプーの使用期限とは?腐る原因と正しい保存方法

  6. オーガニックシャンプーのおすすめ人気ランキング

    市販オーガニックシャンプーのおすすめ人気ランキング10選