シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由3つ

【美容師が解説】シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由3つ

シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由について美容師が解説します。

この記事では、シャンプーに異なるシャンプーを混ぜ合わせる事についての内容となります。例えば、シャンプーを二つ混ぜることで効果が倍になるのでは?や、シャンプーがなくなったのでレフィルを継ぎ足す時に、別メーカーのシャンプーを混ぜたらどうなるのか?という事などです。

シャンプーにオイル、アーモンドオイル、美容液を混ぜ合わせる事については記事最後に取り上げます。



シャンプーを混ぜるのは危険だと思う理由3つ

シャンプーを混ぜると、本来の目的である頭皮と髪の健康を保つ為の効果が損なわれ

結果的に頭皮と髪のトラブルを引き起こす可能性があると考えています。

シャンプーを混ぜて使い続ける事は危険だと思います。

これからその理由3つについて解説します。

1.ヘアケア効果が損なわれる

シャンプー剤には、成分表記がされていますが配合量までは記載されていません。

化粧品メーカーは、ヘアケア効果を最大限に引き出す為の配合量を研究し商品開発をしています。

配合量によって、泡立ちが悪くなったり、泡切れが悪くなったり、洗浄力が弱まったり強まったりするのがシャンプーです。

シャンプーを混ぜ合わせる事で、配合バランスが悪くなり、本来の目的であるヘアケア効果が損なわれるのではと考えています。

シャンプーの洗浄剤も商品によって様々で、アミノ酸系洗浄成分、高級アルコール系洗浄成分など細かく分けると多種に渡ります。

  • シャンプーの種類と特徴:上手な選び方
  • シャンプーというのは、この配合成分の種類や配合バランスこそが命なので、混ぜる事でのデメリットはあってもメリットはないのではないでしょうか。

    2.ベタついたり、パサついたりする

    シャンプーの配合成分には、洗浄成分、保湿成分、があります。

    洗浄力が弱いと、皮脂分泌が多い人にとっては物足りなかったり、逆に強いと乾燥してパサついたりと、シャンプーの良し悪しを決める大切なポイントになります。

    混ぜ合わせる事で、それぞれのシャンプーの洗浄成分のバランスを崩す事になります。

    保湿成分も同じくバランスが崩れて、ベタついたり、パサついたりするシャンプーになりやすいのです。

    3.香料が混ざり、香りの質が落ちる

    2種類の香水を使う人がいないように、シャンプーも香りが混ざる事でいい匂いになるという事は考えにくいかと思います。

    もしかしたら、ちょうどいい香りのバランスになるかもしれませんが、ごく稀だと思います。

    メーカーの開発チームが研究の結果たどり着いたベストバランスのシャンプーが販売されているので、シャンプーを混ぜずに使うという方法が一番良いと思います。

    シャンプーにオイルを混ぜる

    シャンプーにオイルを混ぜて使うといいというのがブームになった時があります。

    ヘアケアには、アルガンオイルや椿オイルなどが有名です。

    シャンプーに混ぜる事で洗浄力が弱まり、シャンプー効果が落ちるので、

    オイルをマッサージなど使い、その後シャンプーで洗い流すという方法がおすすめです。

    シャンプーにアーモンドオイルを混ぜる

    アーモンドオイルも混ぜずに、シャンプー前に頭皮マッサージ用として使うのがおすすめです。

    頭皮に数滴垂らしたあと、指の腹を使ってマッサージします。

    その後、お湯でしっかりとすすいだ後にシャンプーをすると良いでしょう。

    シャンプーに美容液を混ぜる

    美容液も混ぜたところで、そこまで効果は期待できないというより、むしろシャンプーの効果を落とす事になるのでおすすめしません。

    美容液は、主に保湿効果が期待できるので、シャンプー後に頭皮に使うのが良いのかもしれません。

    しかし、頭皮用の美容液の方がおすすめです。

    一般滴なスキンケア美容液だと頭皮には油分が多すぎるかなと思います。

    ※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

    関連する記事

    1. 【プロが教える】正しい洗顔方法:上手な洗顔のポイント

      正しい洗顔方法:洗顔のやり方ポイント5つ

    2. 理想の洗顔時間は1分

      理想の洗顔時間は1分:美肌洗顔のポイント3つ

    3. 美肌になるための食品と栄養素:肌トラブルを招く食べ物

      美肌効果の高い食べ物と必要な栄養素について

    4. おすすめボディオイル8選

      【プロが選ぶ】ボディオイルのおすすめ人気ランキング9選

    5. 【美容師が解説】美容室のランク「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイリスト」の違いについて

      美容室の「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイ…

    6. 薬局で買えるベストセラー「スキンケアコスメ」7選

      【薬局で買える】おすすめのベストセラーコスメ人気ランキング7選

    7. 【美容師が教える】コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

      コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

    8. ストレスによる肌荒れを改善する5つのコツ

      ストレスによる肌荒れを改善するポイント5つ

    9. 入浴剤のおすすめ人気ランキング20選

      市販の入浴剤おすすめ人気ランキング20選

    10. おすすめのボディクリーム:部門別ランキング9選

      おすすめのボディクリーム:部門別ランキング10選〜いい香りのもの…

    1. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

      「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

      「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    3. エヌドットとは

      N.(エヌドット)とは

    4. 【ルベル】Moii(モイ)とは

      Moii(モイ)とは

    5. fentybeauty by rihanna サムネイル

      FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    スポンサーリンク