N.エヌドット カラーシャンプー&トリートメントとは?上手な使い方

【ナプラ】N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメントとは

ナプラの人気ヘアケアシリーズであるエヌドットの『N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント』について解説していきます。




エヌドット カラーシャンプー&トリートメントとは?

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント
N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメントとは、ヘアケア製品の総合メーカーである「ナプラ」が製造販売している、ヘアカラーを長持ちさせることを目的としたカラーシャンプー&トリートメントです。

簡単に説明するとシャンプー&トリートメントに色が付いているので、髪を洗うたびにカラー色素を補充してくれるというものです。

ティントロックポリマーが色素の流出を抑え、シア脂油、ブロッコリー種子油、加水分解シルクなどの天然由来の保湿成分配合で、つややかでまとまりの良い髪へと導きます。

N.(エヌドット)カラーシャンプー全成分

N.(エヌドット)カラーシャンプー 成分表

主な洗浄成分である「パレス−3硫酸Na」は、高級アルコールと硫酸化剤でできており、洗浄力と脱脂力が非常に強いのが特徴です。

「パレス−3硫酸Na」が配合されているのは、シャンプーに含まれる染料の除去が目的だそう。

そのほかの洗浄成分は優しめのものが使われていて、シアバターなどのエモリエント成分や保湿効果の高い成分も含まれているのでバランスを取っているのかなと。

特徴成分

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメントには、髪に潤いを与える植物オイルや植物エキスを配合しています。

シアバター

植物シアの種子から得られる脂肪。

髪や肌に優れたコンディショニング効果を発揮し、みずみずしい潤いを与える成分です。

シアバターはハンドクリームやヘアワックスなどにも使われるエモリエント成分です。

ブロッコリーオイル

ブロッコリーの種子から得られる油脂。

髪にみずみずしいうるおいを与えます。

ハニープロテイン

はちみつの中にわずかに含まれるタンパク部分から抽出した成分。

毛髪にうるおいとツヤを与え、健やかに保ちます。

ゴールデンシルクエキス

黄金のまゆから抽出したエキス。

頭皮に潤いを与え、キューティクルのリフトアップを抑え、毛髪に艶を与えます。

6種のオーガニックハーブエキス

セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、タチジョコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス
6種のエキスが高い毛髪保湿効果を発揮します。

香り

ホワイトフローラルの香り。
柔らかくフェミニンなホワイトフローラルをメインに、フルーティーやウッディな香りをブレンドした上品に華やぐ香り。

シャンプーとトリートメントはセットで使わないといけない!?

シャンプーとトリートメントはセットで使う必要はないので、どちらか一方だけ使っても大丈夫です。

ただ、セットで使う方がより効果的です。

お試しセット

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント

髪のベース(色、明るさ)によっては、全く効果がない場合があります。お試しセットで、自分の髪に効果があるかどうかを試してから検討するのもいいと思います。

色の種類:ラインナップ

シャンプートリートメントともにパープル、シルバー、ピンクの3色展開しています。

パープル

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント パープル
ハイトーンのヘアカラーの気になる黄ばみをおさえて、きれいな髪色を長持ちさせます。

こんな人におすすめ

ブリーチをした明るめのアッシュベージュ系カラー、ベージュ系カラーをした髪。ブリーチをして黄色っぽさが出ている髪におすすめ。

シルバー

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント シルバー
アッシュ、青系の褐色を抑えて、透明感のある髪色を長持ちさせます。

寒色カラーにありがちな、緑がかったり、黄色味が買ったりするのを予防。

こんな人におすすめ

ブリーチを使わない暗めのアッシュ系カラー暗めのグレージュ系カラーネイビー系カラーをした髪

ピンク

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント ピンク
ピンク系、赤毛のカラーの色落ちを抑えて、みずみずしい髪色を長持ちさせます。絶妙な染料バランスで色が濃く入りすぎる心配もありません。

こんな人におすすめ

ピンク系、レッド系のヘアカラーをした髪におすすめ。



効果的な使い方

1.予洗い

シャンプー予洗い
カラーシャンプーを使う前に、しっかりとお湯で髪をすすぎましょう。

ぬるま湯(38〜40度)のシャワーを頭皮に当てながら、頭皮の汚れを落とすようにすすぎます。

ヘアワックスなどのスタイリング剤をつけている場合は、普段使っているシャンプーで軽く洗っても良いでしょう。

2.泡だて

シャンプー 泡だて
適量を手にとり、泡だててください。泡立ちが悪いとムラになりやすくなります。

泡立てのコツは、シャンプーを手である程度泡立てて髪にのせます。

手のひらを頭皮に当てて、頭皮を円を描くように大きく動かすと泡立ちやすくなります。

3.泡パック

シャンプー 泡だて
泡で髪を包み込んだ状態で3〜5分放置します。

放置時間が長いと色が濃く入るので、好みで調整しましょう。

長く放置しても10分以内にしておきましょう。

4.トリートメント

トリートメント塗布
髪の水分を手で取り除き、トリートメントを塗布し3〜5分放置します。

キレイに仕上げるコツは、粗めのクシでとかすこと。髪をとかすことで毛髪に均一に塗ることができるのです。

5.すすぎ

すすぎ
しっかりと洗い流してください。

すすぎ残しがあると、タオルやシーツを汚す可能性があります。

色がでなくなるまで洗い流しましょう。

サロンでヘアカラーをしてから1週間毎日して、2週間目以降は3日に一回すると良いですよ。

使用時の注意点

浴槽やタオルに色が付く

浴槽や洗面台、皮膚、タオル、シーツなどに付いてしまうと、色が定着して落ちにくい場合があります。

すぐに水で洗い流せばとれるのですが、そのままにして置くと取れなくなってしまう。
特に、女性の場合は爪やネイルなどに色が付くのが多いので気をつけましょう。

髪は染まらない

基本的には、ヘアカラーで染めた髪色を長持ちさせる為のカラーシャンプー&トリートメントです。

一般的なカラー剤のように髪を染めることはできません。

使い続けないと効果が出にくい

ヘアカラー後の一週間は毎日使用し、そのあとは2ー3日に1回のペースで使用するペースが理想的です。

使い続けることで髪に色素が定着し、色の変化が現れます。

参照
ナプラ
※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

ヘアケアランキングでは、美容師がセレクトした厳選したヘアケアアイテムを紹介しています。

ヘアケアランキング

関連する記事