【美容師が選ぶ】ヘアオイルのおすすめ人気ランキング10選

市販のヘアオイルおすすめランキング15選

美容師が選ぶヘアオイルのおすすめ人気ランキングを紹介します。

厳選の基準
  1. 髪の仕上がり
  2. 香り
  3. 成分
  4. 価格

厳選基準についての解説。
1.髪の仕上がりについては、保湿まとまり感手触りの良さを感じれるもの。

2.毎日使うものだからこそ、香りはとても重要です。強すぎる香り、人工的な香りのするものは選んでいません。

3.成分表を参考にしています。しかし、それだけで判断してはいません。

4.価格は、その商品に対して納得のできる価格であること。ただ安価だからということでは、選考していません。




ヘアオイル選びのポイント

ヘアオイルを選ぶときのポイントを紹介します。

成分をチェックする

ヘアオイルの成分には、植物性のオイルを多く配合しているものや、シリコンを多く配合しているものがあります。

シリコン

シリコンは、手触りやしっとり感を低コストで実現できるので、多くのヘアオイルに配合されています。

しかし、シリコンは一時的に手触りを良くすることができても、髪を修復はしてくれません。

そして、頭皮の毛穴を詰まらせたり、髪に蓄積されやすいので、ベタつきがでるリスクがあります。

これらの特徴を理解した上で選ぶと良いでしょう。

おすすめの成分

ダメージ補修効果、頭皮の健康や安全性を考えると、植物オイルを配合したヘアオイルをおすすめします。

特に天然由来の植物オイル、植物エキス、精油を使用したものが髪には良いでしょう。

しかし、植物オイルを配合しているものは、価格も上がる傾向にあります。良いものを使うと価格が上がるのは当然ですよね。

成分表を確認するクセをつけるのをオススメします。シリコン、植物オイルのどちらにも良いところがあるので、価格と成分のバランス、香りや使い心地の総合評価で選ぶことが大切

テクスチャーで選ぶ

オイルも商品によって、軽めの使い心地としっとり濃厚な使い心地とがあります。

しっとり重めのオイル

髪が膨らむ、乾燥する、膨張する、撥水性(水を弾きやすい)が高い髪には、しっとり重めのオイルがおすすめ。

さらっと軽めのオイル

髪のボリュームが出にくく、ヘタリやすい髪質は軽めのオイルが良いでしょう。

使い心地に関しては、口コミや製品情報を参考にしましょう。

乾いた髪用か濡れた髪用かで選ぶ

乾いた髪(ブローした髪)にスタイリング剤のように使うタイプのヘアオイル。

乾かす前に使うヘアオイルと2パターンあります。

使用する目的に合わせて選ぶようにしましょう。

香り

毎日使うものなので、香りはとても重要です。

つけて心地の良い香り、リラックスできる香りはつけるモチベーションにもなります。

これから紹介する上位のものはとっても香りが良いので参考にしてみてくださいね。


ヘアオイルのおすすめ人気ランキング10選

10位:ウエラ SP リュクス オイル

ウエラ SP リュクス オイル
Amazon

濃厚な甘い香りにハマる人続出

濃厚な甘い香りが特徴のヘアオイル。ベタつかず、ツヤと潤いを与え、使用感も素晴らしい。
3種のオイル(アルガン、アーモンド、ホホバ)を最適なレシピでブレンドし、髪の内側(しなやかさ、うるおい、補修)と外側(保護、ツヤ)へ同時にアプローチします。
毛髪にすばやく浸透して、内部まで保護します。手に取った瞬間から、驚くほどの軽さとなめらかさを実感できます。
香りに好き嫌いがありそうな特徴的な香りです。
濡れた髪、乾いた髪のどちらでも使えます

9位:ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム
Amazon

紫外線カットヘアオイル(SPF25 PA+++)

ヘアオイルとしての機能と、紫外線対策としての機能を併せ持つヘアオイル。
紫外線は、ヘアカラーを退職させる原因になり、ダメージも与えます。屋外での活動が多くなる季節には、適切な紫外線対策をすればヘアカラーは長持ちします。
紫外線をカットしつつ、髪に潤いを与え扱いやすい髪に。
成分は、シリコンベースで、紫外線吸収剤などが入っており、毛髪保護成分なども配合しています。
朝出かける前のスタイリングに使うのは良さそうですね。
香りについては、製品情報を引用します。
大自然にあるオアシスのような香り。上品な甘さと優しさに、グレープフルーツのさわやかさをプラス。
濡れた髪に使うのがおすすめ

8位:ルベル イオエッセンス スリーク

ルベル イオエッセンス スリーク
Amazon

乾燥で硬くなった髪を柔らかくするヘアオイル

カラーやパーマを繰り返してダメージしている方や、髪がまとまらない、ふくらむ乾燥するという方におすすめのトリートメントオイルです。
機能的には手触り改善や紫外線予防、ツヤとまとまりが期待でき、ひっかかりや、うねりが気になる方におすすめ。
成分はシリコンベースでホホバ種子油、アボカド油、シア脂油などを配合。さらっとした仕上がりです。
濡れた髪、乾いた髪のどちらでも使えます

7位:ルベル イオセラム オイル

イオセラム オイル
Amazon

ごわつく髪も潤ってまとまるヘアオイル

髪表面だけのアプローチではなく、クセの質感を内部から整え、内部は潤って表面はさらさらな髪へと導くヘアトリートメント。
軽やかで透明感のあるフローラルグリーンの香り。
成分はシリコンベースで、くせがあって広がる、ゴワゴワでスタイリングしずらいという髪質をしっかりとまとまる髪にしてくれます。
濡れた髪、乾いた髪のどちらでも使えます

6位:SHIMA SEEK ESSENCE シマ シークエッセンス

SHIMA SEEK ESSENCE シマ シークエッセンス
SHIMA

サラサラ系の軽めテクチャーオイル

シリコンをベースにアルガンオイルを配合したヘアオイル。
さらっとしたテクスチャーで仕上がりもサラサラに。
動きのあるヘアスタイルや、ボリュームダウンさせたくない髪質に最適です。
香りは甘さのある爽やかな香りで、髪には残らないです。
濡れた髪、乾いた髪のどちらでも使えます

5位:ミルボン ディーセス エルジューダMO

ミルボン ディーセス エルジューダMO

Amazon

Amazonベストセラー1位の洗い流さないトリートメント

髪の硬さがあり、広がりやすい髪質におすすめ。
特にくせ毛の方で髪の毛が広がったりうねったりして困る方にもおすすめです。
乾かす前につけ過ぎると、少しベタつくことがあるので注意です。
サロンでも使用する洗い流さないトリートメントです。
でも、香りが少し特徴があるので好みが分かれそうです。
濡れた髪に使うのがおすすめ

4位:SHIGETA シゲタ トリートメントヘアオイル

SHIGETA シゲタ トリートメントヘアオイル
Amazon

ベジタブルオイルをブレンドしたヘアオイル

スクワラン、アボカド油、ホホバ種子油、オリーブ果実油、小麦胚芽油などをブレンドした贅沢なオイル。
シリコンがメインではないので、劇的に手触りがよくなる事はないです。優しく髪に浸透し、しなやかで手触りの良い髪にします。
ベタつかずさらっとした仕上がりで、香りはローズ。
髪にいい植物オイルが詰まっています。
乾いた髪に使うのがおすすめ

3位:ダヴィネス オーセンティック オイル

ダヴィネス オーセンティック オイル (洗い流さないトリートメント)
Amazon

美容師に人気の香りがとても良いヘアオイル

ウェットな質感にスタイリングするのに最適な万能オイル。
フェイスやボディにも使える肌に優しいオイルなので、安心して使えますね。ワックスと混ぜて使うと動きのあるスタイルにも使えます。
もちろんダメージ補修効果も◎
植物オイルベースです。
美容師の愛用者が多い!
乾いた髪に使うのがおすすめ

2位:ダヴィネス オイ オイル

ダヴィネス オイ オイル
Amazon

ごわつき、パサつき、広がりやすい髪質におすすめのヘアオイル

さらっとしたヘアオイルで、ボリュームダウンせずにスタイリングができます。
乾燥して硬くなってしまった髪も柔らかく、しなやかな髪に。
シリコンと植物オイルをバランスよく配合していて、扱いやすい髪に導きます。
ツヤ感、まとまり感、でもべたっとしない最高の使い心地。スタイリングにも使えます。
ほんのり甘くエレガントな香りで、癒されます。
濡れた髪、乾いた髪のどちらでも使えますておすすめ

1位:THREE スリー スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R

THREE Scalp & Hair Refining Treatment Oil R
THREE

使用感、香り、つけ心地全てが良い天然由来成分100%の洗い流さないトリートメントヘアオイル

乾燥している、クセがある、広がりやすい、ダメージがある、そんな方におすすめ!
美容効果が高く、酸化しにくいオーガニック植物オイルだけを選び、多種配合したアウトバス使用のトリートメントヘアオイルです。。
紫外線や乾燥、塩素水などの外界の刺激から守り、髪の色褪せを防ぎます。
オイルにありがちなベタつきがなく、ちょうどいいつけ心地。センスの良い香り。ポーチに入るボトルサイズも○
とても良い香りでつけるだけでオシャレになった気分がします。
タイプ:オイル

PR.リシリッチ 利尻ヘアクリーム

リシリッチシリーズ 無添加 利尻ヘアクリーム
リシリッチ公式

乾燥・パサつき・ごわつき・ニオイ・ホコリから髪を守り、ダメージしにくい髪へと導く洗い流さないトリートメント

ノンシリコーン・無添加の洗い流さないトリートメントクリームです。
ミネラルを含み保湿効果に優れた”利尻昆布エキス”をはじめとしたオーガニック植物オイルなど50種(オリーブ果実油、シアバター、アルガンオイル、ホホバ種子油、ツバキ種子油、ローヤルセリーエキス、スクワラン)もの美髪成分を独自の比率でバランスよく配合。
乾燥・パサつき・ごわつきを抑え、紫外線による乾燥・ニオイ・ホコリから大切な髪を守り、傷みにくい髪へと導きます。
ドライヤー熱に反応して髪を補修する「アミノリペア作用」で、スタイリングのたびにダメージを補修します。
ジアミン・パラベン・鉱物油 無添加です。
タイプ:クリーム
乾かす前、乾かした後のどちらにも使えます。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

Amazonトリートメント売れ筋ランキング

トリートメントカテゴリーでは、知っておくと役に立つトリートメントの知識や使い方のコツ、トリートメントのおすすめ人気ランキングなど役立つ記事をまとめていきます。

トリートメント記事一覧

関連する記事

  1. 【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品(トライアル)を使ってみた:成分&値段を紹介

    【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品の魅力を解説:成分・値段…

    2019.06.24

  2. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  3. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  4. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  5. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  1. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  2. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  3. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  4. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  5. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

スポンサーリンク