【プチプラ】コンシーラーおすすめ人気ランキング10選

【プチプラ】コンシーラーおすすめ人気ランキング10選

プロのヘアメイクアップアーティストが選んだ、プチプラ・コンシーラーのおすすめ人気ランキングを紹介します。




プチプラ・コンシーラーの選び方

目的別にプチプラ・コンシーラーの選び方を紹介します。

目元のくまをカバーしたい

THREE アドバンスド スムージング コンシーラー
(出典:THREE)

目元のくま、くすみをカバーしたい時におすすめなのが、リキッドタイプのコンシーラーです。

動きやすい部分である目元は、カバー力が強すぎるコンシーラーだと逆によれてしまいます。

テクスチャーも柔らかく、ナチュラルにフィットするリキッドタイプがおすすめです。

茶色っぽいくまの場合は、イエロー・ベージュ系の色を選びましょう。青っぽいくまの場合は、ピンク・オレンジ系の色を選ぶと色馴染みが良いですよ。

ほくろやあざをカバーしたい

ケイト スティックコンシーラーA
(出典:Amazon)

カバー力がもっともあるスティックタイプのコンシーラーは、ほくろやあざなども隠せる最強コンシーラー。

今日は絶対にカバーしたい時や、舞台に立つ時やパーティーなど人前に立つときにおすすめです。

普段使いで使う時には、厚塗りになりすぎないように注意が必要です。

ナチュラルにカバーしたい

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー
(出典:Amazon)

ナチュラルに広範囲をカバーするのにおすすめなのが、リキッドタイプのコンシーラーです。

伸びと馴染みが良いので広範囲のカバーに適しています。

全体の色味や質感を統一するのに使う感じで、しみそばかすなどはカバーできないので、ポイント使いでペンシルやスティックを用いる必要があります。

PR.保湿美容液コンシーラー アイプリン


アイプリン公式

保湿美容液とコンシーラーのWケアができる美容液コンシーラー

塗るだけで簡単にクマが隠せて、同時に保湿美容もできてしまう。
多機能でありながら、高品質な美容成分を配合。

EGFを含む6種類の複合型ペプチド、低分子ヒアルロン酸フラーレンプロテオグリカンアスタキサンチン7種類のボタニカルエキスを配合。

さらに、プラセンタエキス(美肌)、セラミド(潤い)、オリーブオイル(透明感)、コラーゲン(ハリ)、スクワラン(保湿)、ビタミンE(ハリ)を配合。

【無添加成分】
合成香料フリー、着色料フリー、防腐剤フリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー、石油系キレート剤フリー、紫外線吸収剤フリー、エタノール(アルコール)フリー、エチルヘキシルグリセリンフリー、旧指定成分フリー、パラベンフリー、タルクフリー

初回限定目元集中ケアコースは、1,480円(75%OFF)送料無料でおすすめ。全額返金保証もあります。詳しくはアイプリン公式サイトにてご確認ください。

コンシーラーおすすめ人気ランキング10選

市販のプチプラコンシーラーを紹介します。

10位.インテグレート スポッツコンシーラー

インテグレート スポッツコンシーラー
Amazon

伸びが良く、肌馴染みがとても良いリキッドタイプのコンシーラーです。

クマ・ニキビ跡・毛穴などに、ピタッとフィットしてカバー。

カバーをしっかりするというよりは、ナチュラルに肌を均一な色味に馴染ませるのが得意なアイテムです。

SPF13・PA++で全2色です。

9位.KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー

KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー
Amazon

細かい部分のシミ・クマ・ソバカスも、ポイントカバーできるスティックコンシーラー。

低価格なのに使いやすい。テクスチャーもかたすぎず、柔らか過ぎずで塗りやすいですよ。

クマ・くすみに効果的なピンクオークルと、シミ・ソバカスに効果的なオークルの2色。

8位.マキアージュ コンシーラースティック

マキアージュ コンシーラースティック
Amazon

肌との一体感がありながらシミ・ソバカス、色ムラをしっかりカバーする美肌コンシーラー。

とにかく自然な仕上がりなのに、しっかりとニキビ跡やシミなどをカバーしてくれるので重宝するアイテムです。

潤いもあるので、乾燥など気になる人にもおすすめです。

SPF25・PA++で全3色です。

7位.キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

canmake コンシーラー

Amazon

テクスチャーは軽めで馴染みも良いです。重ねて塗っても厚塗りにならないのがポイント。

SPF50.PA++++なのも嬉しいですね!

保湿成分であるヒアルロン酸・スクワラン・ラウロイルグルタミン酸ジ配合でしっかり保湿します。

お肌のことを考えた、タール系色素・防腐剤・紫外線吸収剤・香料 フリーという優れものです。

ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色が入っていて、塗布する場所に合わせて使い分ける事ができます。

6位.キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー

キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー
Amazon

肌トラブル・紫外線・乾燥を同時カバー。ヨレない・浮かないUVコンシーラー。

カラーコントロール効果で、小鼻や頬などの気になる赤みを色補正。

ヨレにくいストレッチタイプで、水・汗に強いウォータープルーフ処方。

種類によってSPFが異なります。[01・02] SPF25・PA++
[C01] SPF50+・PA++

5位.資生堂 スポッツカバー ファウンデイション

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション
Amazon

あざ、シミ(肝斑)、やけどあと、傷あとなどをカバーするベースカラーです。

カバー力はもっとも優れているので、人前に立つ時や夜のパーティーなど、厚めでも大丈夫な時に使うのがおすすめです。

4位.ケイト スティックコンシーラーA

ケイト スティックコンシーラーA
Amazon

少し固めのテクスチャーが特徴のスティック型コンシーラーです。

肌へのフィット感もすごく良くて、じか塗りし指でポンポンとたたき込むと、キレイに馴染んでくれます。

ニキビ痕やシミなど、気になる部分を集中的にカバーするのにおすすめです。

高い密着力で長持ちするので、一つ持っておくと良いですよ。

3位.24h cosme ケアミネラルコンシーラUV

24h cosme ケアミネラルコンシーラUV
Amazon

天然ミネラルに天然保湿成分をプラスして開発されたお肌に優しくカバー力のあるコンシーラー。

配合成分にこだわっているのがポイントです。アルガンオイル(保湿・お肌のハリ・ツヤ)やエーデルワイスエキス(整肌・保護)など11種類の美容保湿成分をたっぷり配合。

2色を混ぜ合わせてお好きな色味に調整できます。

SPF40・PA+++で紫外線対策も。

2位.キャンメイク カラースティック

キャンメイク カラースティック
Amazon

密着・保湿・カバー力抜群のスティックコンシーラーです。

肌に馴染む、ヨレにくい、長時間キープ、お肌に優しいヒアルロン酸・ハチミツ・アーチチョーク葉エキス・ハマメリス葉エキスを配合。

しかも低価格!

SPF50+・PA++++で紫外線対策も。
全6色

1位.ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー
Amazon

なめらかなテクスチャーでしっかりとしたカバー力を併せ持つ。プチプラなのに使いやすくて長持ち。

ニキビ跡やシミ、をしっかりと目立たなくしてくれる最強コンシーラーです。

一度使ってみると人気の理由がわかるはず。500円程度なのに、こんなにいいコンシーラーがあるなんて。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

スキンケアコスメ特集では様々なスキンケアアイテムを厳選して紹介しています。忙しく働く大人の女性が「本当に良いもの、使えるもの」を、簡単に見つけられて、すぐに購入できるようなページにしています。

スキンケアコスメ特集

関連する記事

  1. 【ショートボブ&ミディアムボブ】30代の大人女性に似合う髪型まとめ

    【ショートボブ&ミディアムボブ】30代におすすめヘアスタイル・髪…

    2019.08.15

  2. Short Bob & Medium Bob

    【ショートボブ&ミディアムボブ】40代女性におすすめヘアスタイル…

    2019.08.13

  3. 【ボブ】自分でできる簡単ヘアアレンジ

    簡単ボブヘアアレンジ18選:仕事・結婚式・夏祭りでの浴衣

    2019.08.13

  4. Half-up bun hair arrangement catalog

    【動画】簡単ハーフアップお団子へアアレンジのやり方15選

    2019.08.13

  5. 【髪の量が多い人】おすすめ簡単ヘアアレンジカタログ

    髪の量が多い人におすすめ簡単ヘアアレンジ・髪型20選

    2019.08.13

  1. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  2. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  3. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  4. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク