【保存版】ファンデーションの選び方を徹底解説

【保存版】ファンデーションの選び方を徹底解説

ファンデーションの選び方について解説します。



ファンデーションの種類

ファンデーションの種類や特徴について解説します。

パウダーファンデーション

イプサ(IPSA) パウダー ファウンデイション
(出典:IPSA)

パウダーファンデーションは、その名の通りパウダー状なのでマットな仕上がりになるのが特徴です。

テカリを抑えてくれるので脂性肌の人や混合肌の人におすすめです。

乾燥肌の人には向きません。

軽くてコンパクトなので持ち運びに便利。手軽に化粧直しができるのが良いところです。

  • カバー力:☆☆
  • おすすめ肌質:脂性肌・混合肌・普通肌

リキッドファンデーション

スック ヌード ウェア リクイド
(出典:Amazon)

リキッドファンデーションは、水分が多いので保湿力と密着力があります。

肌馴染みが良くて素肌感のあるメイクにぴったりです。

  • カバー力:☆☆☆☆
  • おすすめ肌質:普通肌・混合肌・乾燥肌

クリームファンデーション

SUQQU スック エクストラ リッチ クリーム ファンデーション SPF30・PA++
(出典:Amazon)

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりも水分が少なくて硬めのテクスチャーです。

カバー力に優れていて崩れにくいのが特徴です。

肌のシミ、くすみなどをしっかりとカバーする程の厚さがあります。

厚塗り感はあるものの、結婚式のお呼ばれや夜のパーティなどのドレスアップ時には活躍します。

厚塗り感に要注意

  • カバー力:☆☆☆☆☆
  • おすすめ肌質:普通肌・混合肌・乾燥肌

クッションファンデーション

クッションファンデーション
(出典:Amazon)

クッションファンデーションは、スポンジ状のクッションに、リキッドファンデーションのような液体のファンデーションを染み込ませたファンデーションで、短時間で簡単にメイクができる手軽さが特徴です。

パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持っているので、とにかくラクをするならコレです。

  • カバー力:☆
  • おすすめ肌質:普通肌・混合肌・乾燥肌

ミネラルファンデーション

ミネラル ファンデーション
(出典:ETVOS)

ミネラルファンデーションは、ファンデーションに含まれるシリコンなどは使用せず天然鉱物でできているので、肌への負担が少ないのが特徴です。

メイク落としも簡単なので、肌負担が少ない。つけたまま寝れるくらいの低刺激。

  • カバー力:☆
  • おすすめ肌質:敏感肌

CCクリーム・BBクリーム

CCクリームは美容液効果、UVケア、色補正効果を合わせた目的多機能アイテム。カバー力が弱めで美容液効果のあるクリーム。

BBクリームは、コンシーラー効果がありファンデーションとして使えます。もちろん、美容液効果、紫外線対策もできます。

ファンデーションの選び方

肌タイプに合わせて選ぶ

乾燥肌

乾燥肌の特徴としては、肌がカサカサしていて、皮むけが起こりやすい。

肌のかゆみがあったり、突っ張る感じがある。

目の周りや口まわりに小ジワができやすい。

乾燥肌におすすめファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション
  • クッションファンデーション

脂性肌

脂性肌の特徴は、肌がべたつきやすく、化粧崩れがしやすい。

毛穴が目立ちやすく、毛穴落ちが起こり、ヨレやすい。

脂性肌におすすめファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • ミネラルファンデーション

混合肌

混合肌は、乾燥する部分とベタつく部分がある。

季節によっても肌質が変わったりするので、部分的な使い分けが必要です。

混合肌におすすめファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • パウダー・リキッドを併用

敏感肌

敏感肌の特徴は、化粧品を使うと赤みがでたり、肌トラブルになりやすい。

花粉症やアトピーなどがあり、肌がヒリヒリすることも。

敏感肌におすすめファンデーション
  • ミネラルファンデーション
  • CCクリーム
  • BBクリーム

肌の色タイプに合わせ選ぶ

肌の色タイプに合わせて選ぶ方法があります。

ブルーベース(ブルベ)

青みが強い肌のカラータイプです。

ブルーベースの肌タイプの方におすすめのファンデーションカラーは、ピンクベージュ系です。

イエローベース(イエベ)

イエローベースは、黄色味が強い肌カラーです。

イエローベースの肌タイプにおすすめのファンデーションカラーは、オークル系ニュートラルベージュ系です。

なりたい肌に近づける選び方

ツヤ肌

今っぽいツヤ肌になりたい場合のおすすめファンデーションを紹介します。

  • 乾燥肌の人は、クリームファンデーションかリキッドファンデーションがおすすめ。
  • 脂性肌の人は、リキッドファンデーションがおすすめ。
  • 混合肌の人は、クッションファンデーションがおすすめ。

マット肌

マット肌は、韓国メイク(オルチャンメイク)っぽい陶器のような肌のこと。

  • 乾燥肌の人は、リキッドファンデーションがおすすめ。
  • 脂性肌の人は、パウダーファンデーションがおすすめ。
  • 混合肌の人は、パウダーファンデーションがおすすめ。

成分で選ぶ

保湿成分

保湿成分が配合されたファンデーションは、目元・口元の小ジワやたるみなども気になりにくくなります。

ファンデーションの皮向けも起こしにくいのでおすすめ。

代表的な保湿成分は、セラミドヒアルロン酸コラーゲンプラセンタなど。

これらを配合したファンデーションを選ぶといいでしょう。

美白成分

美白効果のあるビタミンC誘導体アルブチンなどが配合されているものは、スキンケアとしても効果的です。

アルブチンとは、メラニン色素の生成を抑え、シミを予防する効果があります。

美白成分や美容液成分などが配合されているファンデーションは、お値段が高くなる傾向にあります。

無添加

長時間、肌につけるファンデーションに刺激となる石油系界面活性剤、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤、タルクなどが入っていないファンデーションがおすすめ。

LALA MAGAZINEでは毎回お伝えしていますが、成分表記を必ずチェックするクセをつけましょう。

成分表記は多く配合されている成分から順に記載されていますので、添加物がどの順番で配合されているのかを確認してから購入する事をおすすめします。
※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 【プロが教える】正しい洗顔方法:上手な洗顔のポイント

    正しい洗顔方法:洗顔のやり方ポイント5つ

  2. 理想の洗顔時間は1分

    理想の洗顔時間は1分:美肌洗顔のポイント3つ

  3. 美肌になるための食品と栄養素:肌トラブルを招く食べ物

    美肌効果の高い食べ物と必要な栄養素について

  4. おすすめボディオイル8選

    【プロが選ぶ】ボディオイルのおすすめ人気ランキング9選

  5. 【美容師が解説】美容室のランク「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイリスト」の違いについて

    美容室の「代表」「ディレクター」「トップスタイリスト」「スタイ…

  6. 薬局で買えるベストセラー「スキンケアコスメ」7選

    【薬局で買える】おすすめのベストセラーコスメ人気ランキング7選

  7. 【美容師が教える】コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

    コンディショナーの正しい使い方:使用時の注意点

  8. ストレスによる肌荒れを改善する5つのコツ

    ストレスによる肌荒れを改善するポイント5つ

  9. 入浴剤のおすすめ人気ランキング20選

    市販の入浴剤おすすめ人気ランキング20選

  10. おすすめのボディクリーム:部門別ランキング9選

    おすすめのボディクリーム:部門別ランキング10選〜いい香りのもの…

  1. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

  2. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

  3. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

  4. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

  5. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

スポンサーリンク