ファンデーションが毛穴浮きする原因と対策

ファンデーションの毛穴浮きを防ぐメイク方法

ファンデーションの毛穴浮きの原因と対策メイク方法について解説します。

毛穴浮きになりにくいファンデーションの選び方、塗り方、スキンケアのポイントなども合わせて紹介します。

ファンデーションの毛穴浮きは、皮脂分泌が多くなることや、乾燥する事によって皮脂が過多になること、皮膚のたるみによって起こる現象です。

しっかりと対策をする事で改善することができますよ。

毛穴浮きとは

毛穴浮きとは、毛穴部分だけファンデーションが落ちてしまう現象のこと。

みかんの皮の表面のように毛穴が目立つ状態です。

ファンデーションが浮く原因

皮膚のたるみによる毛穴が開いた状態、皮脂分泌が多い肌の人に起こりやすいです。

乾燥する事で、肌が皮脂分泌が過多になる事でも起こります。

解決方法としては、スキンケアの改善、食事、睡眠を規則正しく行うことで肌質改善をすること。

ファンデーション選び塗り方が大切です。

ファンデーションの毛穴浮き対策メイク方法

ファンデーション選び

ファンデーションは、リキッドファンデーションクリームファンデーションがおすすめです。

化粧直しには、パウダーファンデーションを使うといいでしょう。

保湿力の高いリキッドタイプ、クリームタイプを選ぶことが大切なんです。

なぜなら、皮脂が多くでる肌は乾燥していることが多く、乾燥を防ぐことで皮脂分泌が抑えられるのです。

化粧下地を使う

化粧下地を使うことで、肌表面のファンデーションが密着しやすく、毛穴落ちしにく肌になります。

化粧下地を均一に塗った後、手のひらでハンドプレスしてなじませます。

すぐにファンデーションを塗らずに、下地が肌にフィットしてから塗るのがポイントです。

コンシーラー

ファンデーションを厚く塗らなくてもいいように

コンシーラーで肌のシミ・くすみ・くま・肌荒れなどをカバーします。

ファンデーションを塗る

ファンデーションを塗る時に大切なのは、均一に塗らないこと。

頬の高い位置、おでこなどはや厚め、それ以外は薄めです。

厚く塗ってしまうと毛穴落ちが目立ちます。

もう一点、ファンデーションはこめかみに向って塗ります。(上に向ってパフ・ブラシを滑らせます)ファンデーションが肌にフィットします。

フェイスパウダー

フェイスパウダーを使うことで、汗や皮脂を抑え毛穴落ちを防ぎます。

フェイスラインや首まで塗るようにしてください。

毛穴浮きを防ぐポイント5つ

毛穴浮きを防ぐには、スキンケアから見直す必要があります。スキンケアのポイント5つを紹介します。

1.清潔にする

スキンケアに入る前に手を洗いましょう。

お肌への影響だけでなく、化粧品の雑菌が繁殖することもあります。

2.ぬるま湯で洗う

お湯の温度は熱すぎると、肌の乾燥を招きます。

肌が乾燥すると、それを補おうと皮脂を多く分泌します。

皮脂の分泌が多いことで、ファンデーションの毛穴浮きにつながります。

3.摩擦を少なくする

洗顔での摩擦、タオルでの摩擦、化粧品を付ける時の摩擦、お肌をダメージする摩擦はできる限り少なくしましょう。

洗顔は、硬めの泡を作り、手が肌に触れないくらいの力で洗うようにしてください。

水分を拭き取る時は、タオルを押すようにして拭き取りましょう。ティッシュなどを使うと摩擦が少なくてすみます。

化粧品を付ける時は、塗布量を多めにして摩擦を軽減します。

4.保湿する

たっぷりの化粧水を付けるようにしてください。

化粧水を選ぶ時には、保湿力の高いセラミドを配合したものがおすすめです。

おすすめ化粧水は、ヒフミドエトヴォスモイスチャーラインあたりが低価格で高品質です。

5.油分で蓋をする

化粧水で補った水分を逃さないように、乳液、オイル、クリームなどの油分を配合した化粧品で蓋をします。

化粧水ひたひたのまま付けると浸透がつけずに、化粧水が吸収された後に使うことが大切なポイントです。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

ファンデーション特集では様々なファンデーションを厳選して紹介しています。忙しく働く大人の女性が「本当に良いもの、使えるもの」を、簡単に見つけられて、すぐに購入できるようなページにしています。

ファンデーション特集

関連する記事