『化粧水の種類』と『肌に合う化粧水の選び方』を解説

化粧水の選び方

化粧水の種類、化粧水の選び方を紹介します。

肌との相性を判断する簡単パッチテストの方法までを美容のプロならではの知識で解説します。



化粧水の種類

代表的な4つの種類の化粧水について解説します。

一般的な化粧水

一般的な化粧水には、肌の保湿をし、肌の状態を整えるという効果があります。

ここでは、一般的な化粧水は、柔軟化粧水保湿化粧水のことをさします。

柔軟化粧水、保湿化粧水は、洗顔後にすぐに使う基礎化粧品で、お肌を柔らかくするとともに潤し、次に使う美容液などの浸透をサポートするものです。

保湿成分としてグリセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などを配合しているものもあります。

美白化粧水

美白化粧水は、いわゆる「美白成分」が配合されたものです。

美白とは、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」ことを言います。

元々の肌色より白くすることや、シミを消すという意味ではないので理解しておいてくださいね。

美白化粧水の配合されいている成分は、ビタミンC誘導体アルブチントラネキサム酸プラセンタエキスハイドロキノンなどです。

選ぶ際には、成分表を見てどんな成分が使われているのかチェックしましょう。

収れん化粧水

収れん化粧水とは、収れん作用によって皮膚を引き締める効果がある化粧水です。

ニキビ予防、テカリ予防、毛穴の引き締め効果があり、皮脂分泌の多い脂性肌の人におすすめです。

アルコールなどを配合していることもあるので、乾燥肌の人はおすすめできません。混合肌の人は、皮脂が気になる部分だけ使うか、一般的な保湿化粧水をおすすめします。

ふき取り化粧水

ふき取り化粧水とは、毎日のクレンジングで落としきれなかったメイクや、洗顔で落としきれなかった皮脂や角質をふき取ることを目的にした化粧水です。

保湿成分を補いながらやさしくふきとることで、肌が生まれ変わりをサポートし、その後の美容液などが浸透しやすくなります。

しかし、注意も必要で、ふき取る時に強くこすり過ぎて肌を傷つけてしまったり、ふき取る回数が多過ぎて乾燥肌の原因になったり、バリア機能を低下させるリスクがあります。

特に、敏感肌、インナードライ肌などの方には、あまりおすすめできません。

ニキビ用化粧水

ニキビ用化粧水とは、にきび、吹き出物を防ぐ作用を持たせた化粧水です。

殺ニキビケア用の化粧水には、サリチル酸、グリチルリチン酸ニカリウムなどの殺菌作用、抗炎症作用のある成分が配合されています。

このような成分は、肌を乾燥させたり、肌への刺激となる事もあるので、パッチテストをしてから使用するのをおすすめします。

化粧水の選び方(肌タイプ別)

ゼロからのスキンケ講座
肌タイプ別の化粧水の選び方を紹介します。
肌タイプは、普通肌・混合肌・脂性肌・乾燥肌・敏感肌と大きく5つに分かれます。

自身の肌タイプがどの肌タイプなのか確認するには、洗顔後5~10分何もつけない状態で放置した肌で診断すると正確に診断出来ますよ。

普通肌

普通肌は、肌の水分と皮脂のバランスがよく、肌トラブルが少ない肌タイプ。

キメが細かく、触ると柔らかくしっとりした肌が普通肌の特徴です。

普通肌の方は、自分の好みで化粧水を選んで大丈夫です。

過度にお手入れする必要もありません。水分をしっかりと補えばOKです。

乾燥肌

乾燥肌は、肌の水分、皮脂が少なく、肌の表面に潤いが少なく、こなっぽくてカサカサしていてシワっぽく見えるのが特徴。

乾燥肌は、なるべく肌を刺激しないシンプルなケアにすることが大切です。美容成分や添加物が多く含まれる化粧水は、肌トラブルの原因となるのでおすすめしません。

保湿効果の高いセラミドやアミノ酸を含む化粧水などが効果的です。

脂性肌

皮脂の分泌が過剰になり、ニキビや毛穴などの肌トラブルが起こりやすい肌タイプ。

脂性肌は、さっぱりタイプの化粧水を使用するという人が多いと思いますが、実際は肌が乾燥(インナードライ)していて、それを補うために皮脂が大量に分泌されているという可能性もあります。

さっぱりタイプの化粧水で効果のない場合は、保湿をしっかりすることで改善に繋がる可能性があります。

混合肌

日本人に一番多い肌タイプが混合肌です。

混合肌は、Tゾーンは脂っぽくテカりやすく肌が黒ずみやすいが、Uゾーンは乾燥しがちで荒れやすいのが特徴です。

ニキビや毛穴の詰まりなどのトラブルが起こりやすい肌です。

混合肌の方は、脂性肌と同じようにさっぱり系の化粧水を使いがちですが、実際はインナードライで乾燥を補う為に皮脂が分泌されているという事も考えられます。

混合肌は、低刺激で保湿力の高い自然由来の化粧水を選ぶのがおすすめ。

敏感肌

化粧品を使った時に、肌がかゆくなったり、赤みがでたり、過剰に反応しやすいのが敏感肌の特徴です。

敏感肌には保湿効果が高く、刺激の少ない化粧水を選ぶのがおすすめ。

保湿効果の高いセラミドアミノ酸が配合されていて、刺激となるアルコール系・香料・美白成分(ビタミンC誘導体)が入っていないものを選ぶようにしましょう。

パッチテストのやり方

パッチテストとは

パッチテストとは、初めての化粧品を使う前にアレルギー反応がないかを確認することを言います。

かぶれたり肌荒れしてからでは遅いですよね。初めて使う化粧品はパッチテストをすることをおすすめします。

店頭でのパッチテスト

化粧品売り場にて良さそうな化粧水を発見した時にパッチテストをする方法を紹介します。

片方の手の甲に化粧水を付けて、もう片方には付けないようにします。

数時間経過してから左右に痒みや赤みなど出ていないか確認する。

半袖の洋服の場合は、よりわかりやすい二の腕の部分に化粧水を付けて様子を見るようにしてください。

アレルギー反応がなければ購入してOK!!

ドラッグストアなどでなければ、お試しサイズを貰えたりすると思うので、そちらでテストする事をおすすめします。

サンプルでのパッチテスト

サンプルの化粧水を貰ってきて、いきなり顔に付けないようにしてくださいね。必ずパッチテストをしてから使いましょう。

パッチテストは、化粧水を二の腕の内側に塗り48時間後に、アレルギー反応や刺激反応がないかを確認します。

化粧水を購入する際は、肌荒れしないかどうか確認する為にもお試しキットなどを購入するのをおすすめします。



20代におすすめの化粧水

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
MUJI

シンプルな敏感肌用化粧水

肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキス、保湿効果の高いリピジュアR(ポリクオタニウムー51)、ヒアルロン酸を配合。
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済み
保湿するという機能に特化したシンプルな化粧水です。
価格とのバランスに優れていて、量をケチらずに使えるのも嬉しいポイントです。
20代の女性に人気なのもわかります。

こちらでは、乾燥肌の人におすすめ化粧水、敏感肌の人におすすめ化粧水、美白ケアにおすすめ化粧水、ニキビ・毛穴ケアにおすすめ化粧水、プチプラのおすすめ化粧水と分けて紹介します。

30代におすすめの化粧水

エトヴォス モイスチャライジングローション

ETVOS モイスチャライジングローション
ETVOS公式

肌の水分をしっかりとキープする乾燥肌におすすめ化粧水

水分を抱え込む保湿成分グルコシルセラミドヒアルロン酸やリピジュアに加えて保水力のある肌へ整えるラベンダー花水、ハリと弾力を与える植物性プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、クズ根エキスとヒドロキシプロリンを配合。
シリコン、界面活性剤、鉱物油、旧指定表示成分、パラベン、合成香料、着色料不使用です。

こちらでは、乾燥肌の人におすすめ化粧水、敏感肌の人におすすめ化粧水、美白ケアにおすすめ化粧水、ニキビ・毛穴ケアにおすすめ化粧水、プチプラのおすすめ化粧水、エイジングケアにおすすめの化粧水と分けて紹介します。

40代におすすめの化粧水

エトヴォス バイタライジングローション

ETVOS エトヴォス バイタライジングローション
ETVOS公式

アルガン幹細胞配合の贅沢な40代のエイジングケア化粧水

アルガン幹細胞、45種類のヒト型セラミド、浸透型ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、アミノ酸(天然保湿因子)を配合した贅沢なエイジングケア化粧水です。
アルガン幹細胞は、ハリ・ツヤあふれる肌へ。
5種類のヒト型セラミドが肌を整え、乱れがちなリズムをサポート。
浸透型ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、アミノ酸(天然保湿因子)が乾燥から肌を守ります
シリコン、パラベン、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素不使用。
とろみのあるテクスチャーで、柔らかいローズ調の香り。

こちらでは、乾燥肌におすすめの化粧水、敏感肌の人におすすめ化粧水、美白ケアにおすすめ化粧水、ニキビ・毛穴ケアにおすすめ化粧水、プチプラのおすすめ化粧水、エイジングケアにおすすめの化粧水と分けて紹介します。

50代におすすめの化粧水

bglen ビーグレン QuSomeローション

bglen ビーグレン QuSomeローション
bglen公式

加齢とともに硬くなりがちな肌を解きほぐし、持続型保湿の効果を兼ね備えたエイジングケア化粧水

美容成分を包み込んだ超微小の複合成分が、角層のすみずみまでうるおい、肌構造の乱れにアプローチ。
しわ、シミ、毛穴、乾燥、ハリが気になる50代の女性におすすめの高機能化粧水です。

こちらでは、乾燥肌の人におすすめ化粧水、敏感肌の人におすすめ化粧水、美白ケアにおすすめ化粧水、ニキビ・毛穴ケアにおすすめ化粧水、プチプラのおすすめ化粧水、エイジングケアにおすすめの化粧水と分けて紹介します。

60代におすすめの化粧水

FANCL 発酵浸透化粧水 とてもしっとり

FANCL 発酵浸透化粧水 とてもしっとり
FANCL

発芽米発酵液が硬く厚くなる60代の肌をやわらかくほぐし、うるおいと栄養を浸透させる無添加化粧水。

水の代わりに、美容成分が豊富な「発芽米発酵液」に 100%置き換えた贅沢な化粧液。
角層が厚くなった大人の肌をほぐし、うるおいやコラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分が角層まで浸透。
60代女性にとって最高のエイジングケア化粧品です。
1ヶ月のお試しトライアルセットが1500円でお試しできるので、まずはお肌との相性、効果を実感できるのかどうかを確かめてから本格的に使う事をおすすめします。
価格とエイジングケア効果のバランスが良いおすすめの化粧水です!

こちらでは、乾燥肌の人におすすめ化粧水、敏感肌の人におすすめ化粧水、美白ケアにおすすめ化粧水、ニキビ・毛穴ケアにおすすめ化粧水、プチプラのおすすめ化粧水、エイジングケアにおすすめの化粧水と分けて紹介します。特にエイジングケアの化粧水、敏感肌用の化粧水に力を入れて紹介しています。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連する記事

  1. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  2. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  3. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  4. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  5. 丸顔さんにおすすめ「ショート」髪型・ヘアカタログ25選

    丸顔さんにおすすめのショートヘアスタイル・髪型25選

    2019.05.26

  1. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  2. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  3. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  4. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク