【保存版】スキンケアの正しい順番〜導入液・化粧水・美容液・オイル〜

【プロが教える】スキンケアの正しい順番:基礎化粧品の選び方

スキンケアで重要な付ける順番について、基礎化粧品の選び方について解説します。



スキンケアの基礎知識

スキンケアとは

スキンケアとは、「基礎化粧品」などを用いて肌のお手入れをすることです。

保湿や保護をすることで、肌が本来持っている新陳代謝の機能を高め、きれいで健やかな肌に導きます。

スキンケアの目的

スキンケアには主に3つの目的があります。

清潔にする

肌の汚れを落とし、清潔にする事でターンオーバーを促します。

乾燥対策

保湿をする事で肌のバリア機能を高めます。

紫外線対策

刺激から守る事で細胞を活性化させます。

スキンケアの正しい順番

スキンケア(夜)

夜寝る前には、肌の負担となる汚れをしっかり落として、栄養やうるおいをたっぷり与えることが大切です。

手順1.クレンジング

クレンジングの多くは、「油成分」と「界面活性剤」でできています。
「油成分」は、メイクを浮き上がらせる役割、「界面活性剤」は、浮いた油を混じり合わせメイク汚れをおとしやすくする役目があります。

クレンジングは、メイクを落とすことに着目し作られているので、全ての汚れを落としきれるわけではありません。ですから、必ずクレンジングの後に必ず洗顔をするようにしましょう。

手順2.洗顔

「たっぷりの泡で洗う」のがポイント。
ほこりや汚れを落とすために、たっぷりの泡で汚れを包み込み、からめとります。

乾燥しやすい肌の方はしっとりタイプを選ぶのがおすすめです。
また、季節によってベタベタしたり、乾燥したりなど、変化する肌質に合わせて洗顔料を替えるようにしましょう。

※泡だてネットは雑菌が繁殖しやすいため、あまりオススメしません。もし使う場合は、風通しの良い清潔な場所に置いたり、管理に気をつけましょう。

手順3.導入液・オイル

化粧水の前に使う導入液やオイルは、「ブースター」と呼びます。

肌をやわらかくして水分を吸引する力が増し、化粧水の浸透をよくする効果があります。

手順4.化粧水

キメが細かい、綺麗な肌を作るためには必ず必要な行程です。
コットンを使用する方も多くいますが、力加減によっては摩擦や刺激になってしまい良くない事があります。
手にたっぷりの化粧水を付けましょう。肌を擦らず、しっかりと肌に入れ込む意識で行うのがポイント。

手順5.美容液・オイル

化粧水を塗った後に、美容液・オイルを使うのがおすすめです。

化粧水は肌に水分を与える役割があり、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。

美容液やオイルを化粧水の後にすぐ塗ることで、肌にうるおいと油分が与えられ、バランスのいい肌が実現されるのです。

手順6.乳液・クリーム

化粧水で補った水分を逃さないために、乳液・クリームで保護します。

美容液やオイルを使う場合は、乳液やクリームは必要ないでしょう。油分過多になることもあるので、肌の状態や季節などに合わせて調整しましょう。

乳液とクリームの違いは、油分の量です。

肌の乾燥がひどい時は、「クリーム」。乾燥がひどくない時は、「乳液」を使いましょう。

過度な油分は、かえってお肌に負担となりニキビなどのトラブルの原因になりますから、Tゾーンは量を控えめにするなどの調節も大切です。

スキンケア(朝)

朝のスキンケアは、紫外線や乾燥など、日中に受ける外的刺激から肌を守る目的と、メイクの下地をつくる目的があります。

手順1.洗顔

一度手を洗い清潔な手で洗顔をします。朝であっても寝ている間にホコリで汚れていたり、汗をかいたりと肌は汚れるので、洗顔をし夜同様に保湿を行いましょう。

手順2.導入液・オイル

化粧水の前に使う導入液やオイルは、「ブースター」と呼びます。

肌をやわらかくして水分を吸引する力が増し、化粧水の浸透をよくする効果があります。

手順3.化粧水

たっぷりの化粧水でしっかりと保湿しましょう。顔だけでなく首筋や耳裏まで保湿するといいでしょう。

手順4.美容液・オイル

化粧水を塗った後に、美容液・オイルを使うのがおすすめです。

化粧水は肌に水分を与える役割があり、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。

美容液やオイルを化粧水の後にすぐ塗ることで、肌にうるおいと油分が与えられ、バランスのいい肌が実現されるのです。

手順5.乳液・クリーム

化粧水で保湿した水分を逃さないよう、フタをして閉じる役割をする乳液とクリーム。顔のむくみが気になる人はフェイスマッサージを施しましょう。

「化粧水を塗ったあとに、クリーム類を塗る」
この塗る順番が1番大切であり、先に油分をつけてしまうと肌が油で覆われてしまい水分の補給が効率よく行われるないため注意しましょう。

手順6.UVケア

最後にUVケアをしましょう。紫外線はシミやシワ、乾燥の原因になります。
一年を通してUVケアをする必要があります。



基礎化粧品の選び方

クレンジングの選び方

自分の肌との相性で選びましょう。

肌タイプクレンジングタイプ
ドライ肌、ノーマル肌クリームタイプ
オイリー肌、ノーマル肌ゲルタイプ
ノーマル肌オイルタイプ
オイリー肌シートタイプ

クリームタイプ

一番おすすめです。油分が多めのため、肌に残りやすく乾きにくい優しいクレンジング。

メイク落ちがいいのに、界面活性剤の量が少ないのが特徴。

ゲルタイプ

メイクを落とす力は普通だか、洗い上がりはかなりさっぱりとした感触。

ゲル状にしているので、肌の摩擦は少なくなります。

しかし、界面活性剤の量は商品の成分によって大きく異なるので確認が必要。

オイルタイプ

オイルに加え、界面活性剤も多く、しっかりとメイクを落とせます。

しかし、皮脂を落とし、乾燥しやすいので注意が必要です。

メイクを落とす力が強いので、ポイントメイクやウォータプルーフなどの落ちにくいメイクでも簡単に落とせます。

その代わり肌を乾燥させるので、肌が丈夫な人でないと使えません。

シートタイプ

界面活性剤のみのため洗浄力・刺激が強いです。

拭き取りシートなので、摩擦で傷つく事もかんがえられます。

洗顔料の選び方

洗浄力の強さ、自分の肌との相性で選びましょう。

石けんタイプ

適度な洗浄力、洗い上がりです。泡だてやすく、刺激も弱いためどんな肌の方にも相性が良いとされています。

フォームタイプ

乾燥肌向けに油分を含んでいるものや、さっぱりとするものまで好みによる選ぶことができます。

刺激も弱く、どんな肌質に良いでしょう。

リキットタイプ(強い)

界面活性剤がはいっており、やや刺激が強めです。

洗いあがりはすっきりとするので、オイリー肌におすすめ。

ムースタイプ

泡状で出てくるので、泡が作れない・泡だてが面倒だという方におすすめです。

界面活性剤を多く含んでいるものが多いため、肌の弱い方は注意しましょう。

化粧水の選び方

保湿成分で選びましょう。

化粧水の目的である「保湿」をメインに選びましょう。

保湿成分でいえば、セラミド、ヒアルロン酸配合のものがおすすめです。

テクスチャーは、好みでトロッとしたタイプや水っぽくサラっとつけれるタイプを選ぶといいでしょう。

ニキビなど気になる方はビタミン配合も良いでしょう。

保湿成分効果
セラミド水分をしっかり保持してくれる保湿成分。
ヒアルロン酸高い保水能力があり、保持能力も高く、長く潤いを保ちます。
コラーゲン肌にハリや弾力をもたらします。保湿力はやや低めです。
ビタミンCニキビやシミなどに効果的です。コラーゲン生成を促し、老化対策にもなります。

乳液、クリームの選び方

自身の肌質、肌の状態で選びましょう。

なにより、保湿成分が多いものを選ぶとはずれがありません。そこに加え、アンチエイジングなど自身の悩みに沿った成分が配合されているものを選ぶというのも1つです。

保湿効果

保湿力の高いセラミド、ヒアルロン酸グリセリンなどが配合されているものがおすすめです。

美白効果

美白成分である、コウジ酸アルブチンハイドロキノンなどメラニンの生成を抑えて排出を促す成分が配合されているものがおすすめです。

「医薬部外品」と明記されているものは、保湿力も高く、効果が期待できます。

※「オールインアイテム」は、日々の体調の変化や、肌質の変化に対応しきれなず肌トラブルの原因となってしまう可能性があります。
使用する際は気をつけましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

LALA MAGAZINEのスキンケア講座では、どの本や雑誌よりも分かりやすくスキンケアの基礎知識を解説していきます。

スキンケア講座

関連する記事

  1. 【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品(トライアル)を使ってみた:成分&値段を紹介

    【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品の魅力を解説:成分・値段…

    2019.06.24

  2. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  3. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  4. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  5. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  1. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  2. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  3. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  4. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  5. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク