正しい洗顔方法:洗顔のやり方ポイント5つ

【プロが教える】正しい洗顔方法:上手な洗顔のポイント

(出典:INTO THE GLOSS)

スキンケアの基本である洗顔について解説します。

肌荒れ、ニキビ、毛穴などの悩みがある方は、洗顔のやり方を見直すことで改善することもあります。

一度、洗顔方法を見直してみてください。




正しい洗顔方法

正しく洗顔するコツは、肌に指が当たらないように、泡を使って洗うこと。

イメージとしては、泡で産毛についた汚れを落とすように洗う感覚です。

では手順をみていきましょう。

1.手を洗い清潔にしましょう。

まず手を洗い清潔にしましょう。

清潔な手でおこうなことは、スキンケアの基本です。

2.ぬるま湯で予洗い

洗顔料をつける前に、ぬるま湯(33〜35度くらい)で予洗いをします。

こすらず、お湯で表面の汚れを落とす程度にながしましょう。

水が冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなり、熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまい肌を乾燥させてしまいます。

3.洗顔料をよく泡立てる

洗顔料をあわ立てます。
キメの細かい濃密な泡をつくるのに大切なポイントは、洗顔料は少なめ水は多めにすることです。

洗顔ネットを使うと簡単にキメ細かい泡ができるのですが、衛生管理が不十分だと雑菌が繁殖しやすいのでおすすめしません。

もし使う場合には、衛生管理をしっかりましょう。

4.Tゾーンから洗う

鼻周りや額などの脂っぽいTゾーンに濃密な泡を置き、やさしく洗いましょう。

角層がたまりやすいフェイスラインも、指先でらせんを描き泡を転がすように洗いましょう。

なるべく指が肌に触れないように洗顔します。

5.Uゾーンを洗う

頬はさっと軽く洗うのみで大丈夫です。

皮脂の分泌が少ない頬は洗い過ぎに注意して下さい。

乾燥しがちな目元や口元などは、泡をのせるだけで十分です。

6.丁寧にすすぐ

ぬるま湯(33〜35度くらい)で泡を洗い流しましょう。

「フェイスライン」や「あご」あたりはすすぎ残しやすい部分なので、念入りにすすぐようにしましょう。

バシャバシャと強く叩くように洗い流しは厳禁です。丁寧に優しくすすぎましょう。

7.タオルで抑えるように拭く

よくすすいだ後は、清潔なタオルで顔を押さえるように水分を拭き取りましょう。

タオルだと摩擦がきになるという方は、ティッシュで抑えるようにして水分をとりましょう。

8.アフタースキンケア

洗顔後は肌が乾燥しやすくなっています。

タオルドライが終わればすぐに、化粧水や乳液、クリームで保湿ケアをするようにしましょう。

洗顔のポイント5つ

洗顔で大切な事は、
「汚れだけを落として、肌のうるおいは守る」ことです。そして、摩擦に気をつけ肌にやさしい洗顔を心がけましょう。

1.洗顔は朝と夜だけ

「朝の洗顔」は、寝ている間に蓄積した皮脂汚れを落とす役割。

「夜の洗顔」は、メイクや皮脂汚れを落とす役割。

何度も洗顔するのは、乾燥や過剰皮脂など肌トラブルの原因になるので注意しましょう。

皮脂の分泌が盛んな人や、「鼻やあごなど、部分的だが肌のベタつきがある」という人は、朝も水洗いだけではなく、きちんと洗顔することをおすすめします。

2.濃密なふわふわの泡で洗う

洗顔料はしっかり泡立て、泡をクッションにして洗うようにしましょう。摩擦を防ぐため、しっかりと泡立てることが大切です。

手を逆さにしても落ちないくらいの濃密さがあれば理想的でしょう。

3.何度もすすぎ、洗い流す

33~35度くらいのぬるま湯で、しっかり泡を落としましょう。

髪の生え際などの洗い残しが多い部分は念入りに。

4.力加減は優しく触れる程度に

泡をクッションにして、やさしく肌に触れるように洗いましょう。

うっかり勢いよく触れてしまわないようにお気を付け下さい。

5.肌タイプを見極める

「オイリー肌」

過剰な洗顔はトラブルを引き起こすことがありますので注意しましょう。

皮脂の多い部分を入念に洗いがちですが、皮脂を取り過ぎると、乾燥したり、角質が厚くなり、ニキビや毛穴が目立つ様になります。

「乾燥肌」

洗顔料の使用は夜1回にするのがおすすめです。
Tゾーンなど脂っぽい部分を中心に軽く泡をのせる程度に洗い、乾燥しやすい頬などの部分には洗いすぎないように注意しましょう。


間違った洗顔方法

力を入れて洗う

肌への摩擦でダメージを受けるだけでなく、毛穴が広がったり色素沈着のもとになりますので注意しましょう。

泡立てが少ないまま洗顔する

しっかりと濃密な泡で洗顔をすると、肌に直接指が触れることとなり、肌への刺激となってしまいます。

肌への摩擦は、肌荒れやシミなどの原因になりますので注意しましょう。

熱いお湯ですすぐ

熱いお湯は、肌にとって刺激になります。肌の皮脂をとりすぎてしまい、感想を招いてしまいます。適度なぬるま湯ですすぎましょう。

冷たいお湯ですすぐ

冷水は毛穴がふさがるので、おすすめだと聞いたことがある人も多いかと思います。

しかし、冷水で毛穴が閉じるのはその時だけだと言われています。適度なぬるま湯ですすぎましょう。

すすぎを簡単にすませる

洗顔料のすすぎ残しは、毛穴の詰まり、ニキビなどの肌トラブルになります。

フェイスラインや目尻、小鼻の脇、あご下などは、すすぎ残しが多い部位なので注意しましょう.

1日に何度洗う

何度も洗うことによる肌への過剰な刺激は厳禁です。

肌に必要な皮脂を落としすぎてしまったり、表面の角質を削り取ってしまい、肌トラブルを招きますので注意しましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

LALA MAGAZINEのスキンケア講座では、どの本や雑誌よりも分かりやすくスキンケアの基礎知識を解説していきます。

スキンケア講座

関連する記事

  1. 【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品(トライアル)を使ってみた:成分&値段を紹介

    【口コミあり】大正製薬 アドライズ化粧品の魅力を解説:成分・値段…

    2019.06.24

  2. 】市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    市販のセルフカラーおすすめランキング10選

    2019.06.01

  3. 40代におすすめの「アイクリーム」人気ランキング10選【くま・シワ・たるみを集中ケア】

    40代におすすめのアイクリーム人気ランキング10選【青くま・黒くま…

    2019.06.01

  4. 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル

    【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル10選

    2019.05.30

  5. 【美容師が選ぶ】シャンプーのおすすめ人気ランキング

    【美容師が選ぶ】市販シャンプーのおすすめ人気ランキング25選

    2019.05.28

  1. 【ルベル】Moii(モイ)とは

    Moii(モイ)とは

    2019.04.08

  2. NY発コスメブランド「Glossier(グロッシアー)」とは?おすすめアイテムを紹介

    「Glossier(グロッシアー)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  3. 全米が注目するコスメブランド「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?おすすめアイテムも紹介

    「Milk MAKEUP(ミルクメイクアップ)」とは?日本での購入方法

    2019.03.25

  4. エヌドットとは

    N.(エヌドット)とは

    2019.04.17

  5. fentybeauty by rihanna サムネイル

    FENTY BEAUTY(フェンティビューティー)とは?日本での購入方法

    2019.03.25

スポンサーリンク